<< 2009/10 >>
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

RSS

唐詩選卷六 靜夜思 李白2009年10月07日

静夜思(せいやし) 李白

牀前看月光  牀前(しやうぜん)月光を()
疑是地上霜  疑ふらくは()れ地上の霜かと
擧頭望山月  (かうべ)を挙げて山月(さんげつ)を望み
低頭思故鄕  (かうべ)()れて故郷(こきやう)を思ふ

【通釈】寝台の前に射し込む月の光を見る。
もしやこれは地上に降った霜か。
頭を上げて、山の端の月を眺めやり、
頭を垂れて、故郷を思いやる。

【補記】開元十九年(731)三十一歳、放浪の旅のさなか、安陸の小寿山に滞在した時の作。この作に限るわけではないが、月の光を霜になぞらえるといった《見立て》の趣向は平安時代の和歌に大きな影響を与えた。

【影響を受けた和歌の例】
朝ぼらけ有明の月とみるまでに吉野の里にふれる白雪(坂上是則『古今集』)
ひとりぬる山鳥の尾のしだり尾に霜おきまよふ床の月かげ(藤原定家『新古今集』)
あふぎみる高嶺の月にふる郷の草葉の霜の色をしぞ思ふ(松平定信『三草集』)

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamatouta.asablo.jp/blog/2009/10/08/4619583/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。