<< 2015/03 >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』京都附近2 東山~岡崎2015年03月02日

祇園白河

東山

京都の東方、山城近江の国境をなす連峯。

香川景樹

粟田山松の葉うづむ白雲のはれぬあさけになくほとゝぎす

埋火の外に心はなけれどもむかへば見ゆるしらとりの山

高畠式部

音羽山雪にのぼりてみわたせば九重のそらに花ぞふりしく

間島琴山

ひがし山祇園清水しろがねの箔をちらして春の雪ふる

清水寺

東山にあり。

河杉初子

京の子が日傘たたんでしやんなりと青葉うつくし清水のぼる

根岸光子

初旅の京のみやげと陶器すゑものの塔など買ひぬ清水坂に

祇園

京都東部、狭斜の地。

吉井勇

行く春の祇園はかなし舞姫が稽古がへりのうしろ姿も

賀茂川をゆく水よりもはかなしやその日その日の舞姫の恋

川田順

女たち小走りにゆく夜の霧に行燈あんどんの灯が紅うにじめり

朝場重三

ほとゝぎす京は八坂の御塔を南に過ぎぬありあけの月

九条武子

京言葉ふさはしこよひ宵宮の祇園ばやしのながれくる町

大橋豊子

春の夜はつなぎ団子の提燈ちやうちんのつゞく祇園のゆきずりもよし

高田春子

祇園町をどりのはてのちかづけば提燈の灯もはかなかりけり

黒谷

京都市東部にあり。金戒光明寺といふ、浄土宗の巨刹。

吉光寺朝子

雨あがり桐の花ちる黒谷のみ寺しづけきはつ蝉のこゑ

岡崎

京都東方にあり。今は市に入りて京都帝国大学など建てられ、閑静の趣は減じたり。

香川景樹

梟のこゑをしるべに帰るかな夕べをぐらきをかざきの里

大田垣蓮月

冬畑の大根おほねのくきに霜さえて朝戸出さむしをかざきのさと

をかざきの月見にきませ都人かどの畑いも煮てまつりなむ

東一雄

岡崎に友を訪ひての帰るさの時雨の雨もなつかしきかな

補録

東山

東山に百寺拝み侍りけるに、時雨のしければよめる

藤原道雅

もろともに山めぐりする時雨かなふるにかひなき身とはしらずや

大隈言道

東山のぼりも果てずまづ見れば都のしぐれ鳥羽にすぎゆく

八田知紀

朝日さすひむがし山の面影も遥かに霞む春は来にけり

清水寺

清水寺の夜の花見にまかりてよめる
香川景樹

照る月のかげにてみれば山ざくら枝うごくなり今かちるらむ

祇園

与謝野晶子

清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふ人みなうつくしき

人にそひて今日京の子の歌をきく祇園清水春の山まろき

木屋街は火かげ祇園は花のかげ小雨に暮るゝ京やはらかき

吉井勇

かにかくに祇園はこひしるときも枕の下を水のながるる

岡崎

香川景樹

妹と出でて若菜摘みにし岡崎のかきね恋しき春雨ぞふる

次へ