<< 2015/03 >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』京都附近8 洛西(嵐山・大井川)2015年03月08日

嵐山

嵐山

京都の西、大井川に臨む。

藤原公任

朝まだき嵐の山の寒ければ紅葉の錦きぬ人ぞなき

亜元

あらし山花の光も暮れゆけば戸無瀬の奥に蛙なくなり

木下幸文

嵐山まつの葉わけてとびまがふほたるぞ夏の花には有ける

与謝野晶子

あらし山名所の橋の初雪に七人ななたりわたる舞ごろもかな

加藤順三

京少女団扇ぬらして群れあそぶ音羽の滝のゆふづく夜かな

大井川

嵐山の麓を流る。

賀茂真淵

大井川わか葉涼しき山かげのみどりをわくる水のしらなみ

小沢芦庵

大井川月と花とのおぼろ夜にひとりかすまぬなみの音かな

香川景樹

大井川かへらぬ水にかげ見えてことしもさける山ざくら哉

木下幸文

ほたるとび蛙もなきて大井川またなつの夜もおもしろき哉

東久世通禧

大井川ゐぜきの浪は高けれど鳴く音まぎれぬほとゝぎすかな

西田直二郎

桂川絵に見るやうの瀬の蘆やいしぶし見むと月に下りけり

補録

嵐山

白河院

大井川ふるき流れをたづねきて嵐の山のもみぢをぞ見る

俊恵

けふ見れば嵐の山は大井川もみぢ吹きおろす名にこそありけれ

藤原定家

吹きはらふ紅葉のうへの霧はれて峯たしかなる嵐山かな

藤原秀能

むかし見し嵐の山にさそはれて木の葉のさきに散る涙かな

藤原為家

朝ぼらけ嵐の山は峯晴れて麓をくだる秋の川霧

永福門院右衛門督

ながめのこす花の梢もあらし山風よりさきに尋ねつるかな

大井川・桂川

(大井川の下流を桂川といふ。)

紀貫之

大井川かはべの松に言問はむかかる行幸みゆきやありし昔を

源順

夕さればいとどわびしき大井川かがり火なれや消えかへりもゆ

藤原家経

高瀬舟しぶくばかりにもみぢ葉の流れてくだる大井川かな

藤原定頼

水もなく見えこそわたれ大井川きしの紅葉は雨とふれども

源経信

大井川いは波たかし筏士よ岸の紅葉にあからめなせそ

紅葉のさかりに大井河にまかりて
源有房

もみぢ葉は井関にとめよ大井川空に暮れゆく秋をこそあらめ

藤原定家

ひさかたの中なる河の鵜飼舟いかに契りて闇を待つらん

西園寺実氏

大井河秋のなごりをたづぬれば入江の水に沈むもみぢ葉

小倉公雄

大井川かへらぬ水のうかひ舟つかふと思ひし御代ぞ恋しき

京極為兼

大井川はるかにみゆる橋のうへに行く人すごし雨の夕暮

窪田空穂

しがらみを越えては白く落つる水遠き水音みのとの聞かば聞きつべし

小倉山

紀貫之

夕づく夜をぐらの山に鳴く鹿の声のうちにや秋は暮るらむ

清原深養父

鳴く雁のねをのみぞ聞く小倉山霧たちはるる時しなければ

藤原忠平

小倉山峰のもみぢ葉こころあらば今ひとたびのみゆき待たなむ

平兼盛

あやしくも鹿のたちどの見えぬかなをぐらの山に我や来ぬらむ

藤原定家

小倉山しぐるるころの朝な朝な昨日はうすき四方のもみぢ葉

宇都宮景綱

をぐら山木の葉しぐれてゆく秋の嵐のうへにのこる月かげ

八条院高倉

わが庵はをぐらの山のちかければうき世をしかとなかぬ日ぞなき

延政門院新大納言

をぐら山秋とばかりの薄紅葉しぐれてのちの色ぞゆかしき

次へ

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamatouta.asablo.jp/blog/2015/03/08/7586333/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。