<< 2015/03 >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』京都附近11 洛南(石清水八幡宮~黄檗山)2015年03月10日

井手の玉川 京都府綴喜郡井手町

石清水八幡宮

京都の南。山を男山といふ。

よみ人知らず

今こそあれわれも昔は男山さかゆく時もあり来しものを

北条氏康

頼み来し身はものゝふの八幡山いのる契は万代までに

加藤千蔭

男山神のみゆきのことはてゝ峰さしいづる月ぞしづけき

大田垣蓮月

いちじるき神のみいつのをとこ山しらべもたかき峰のまつ風

高畠式部

神山のかみの心も月かげもさえまさる夜のいとたけのこゑ

京都より奈良線によりて宇治、恭仁京等に到るべし。

井手の玉川

奈良線玉水駅附近。

源順

春深み井手の川なみたちかへり見てこそ行かめ山吹の花

藤原俊成

駒とめてなほ水かはむ山吹の花の露そふ井手の玉川

神山魚貫

山吹の花のさかりにあひにけり井手の玉川たまさかに来て

木幡

桃山の南。

香川景樹

こはた山ふけたる月に関守のゆづるつまびく音きこゆなり

金塚光

木幡道春日かゞよふ茶畑に茶つみ女の声よくうたへる

黄檗山

黄檗宗の本山、万福寺といふ。木幡駅より南十六町。

山田三秋

敷瓦ふむ音さむき大伽藍古香かすかに達磨もだせり

人見少華

鐘つけばぬつくと皆が立つかとも生けるが如し十八阿羅漢

平井鸞子

小草つみ胡蝶追ひつつ黄檗の御寺に今日も詣で来にける

補録

石清水八幡宮

臨時の祭の舞人にて、もろともに侍りけるを、ともに四位してのち、祭の日遣はしける

藤原実方

衣手の山ゐの水に影みえしなほそのかみの春ぞ恋しき

源頼政

石清水ながれに放ついろくづの鰭ふりゆくも見ゆる月影

源通光

八幡山さかゆく峰は越え果てて君をぞ祈る身のうれしさに

後嵯峨院

男山老いてさかゆく契りあらばつくべき杖も神ぞ切るらむ

後宇多院

世を思ふ我が末まもれ石清水きよき心のながれ久しく

伏見院

石清水ながれの末をうけつぎてたえずぞすまん万代までに

足利義満

たのむかな我がみなもとの石清水ながれの末を神にまかせて

中院通村

秋風やまづ吹きそめし男山さかゆく光月に添へとて

井手の玉川

よみ人知らず

かはづ鳴く井手の山吹散りにけり花の盛りに逢はましものを

小野小町

色も香もなつかしきかなかはづなく井手のわたりの山吹の花

恵慶

山吹の花のさかりに井手に来てこの里人になりぬべきかな

源実朝

玉藻かる井手のしがらみ春かけて咲くや川瀬のやまぶきの花

藤原為家

散ればかつ浪のかけたるしがらみや井手こす風の山吹の花

永福門院

打ちいづる浪さへ色にうつろひぬ井手の川瀬の山吹の頃

田安宗武

山城の井手の玉川みづ清みさやにうつろふ山吹の花

歌枕紀行「井手」へ

木幡

倭姫王

青旗の木幡の上をかよふとは目には見れどもただに逢はぬかも

柿本人麻呂

山科の木幡の山を馬はあれど徒歩かちより吾が来しを思ひかねて

八田知紀

とほ妻のたよりに聞くぞなつかしき木幡の里の梅の初花

次へ