<< 2015/03 >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』京都附近12 宇治2015年03月11日

早春の宇治川

宇治

平等院鳳凰堂の古刹あり。宇治川に臨めり。平等院は源頼政陣没の処。

額田王

秋の野のみ草刈り葺き宿れりし宇治の都の仮庵し思ほゆ

柿本人麿

物のふのやそ宇治川の網代木にいさよふ波の行方知らずも

藤原定頼

朝ぼらけ宇治の川霧絶え絶えにあらはれわたる瀬々の網代木

藤原基光

宇治川の川瀬も見えぬ夕霧に槙の島人舟よばふなり

源頼政

埋木の花さくこともなかりしにみのなる果ぞあはれなりける

寂蓮

暮れてゆく春の港は知らねども霞に落つる宇治の柴舟

加藤千蔭

あじろ木におりゐる鷺のみの毛のみ一村しろき宇治の川霧

村田春海

水上や雨のなごりの山見えて夕日にうかぶ宇治のかはぶね

上田秋成

やどりする宇治の橋本さよ更けて中の河洲になくは千鳥か

中林竹洞

武夫もののふ八十やそうぢ川の早き瀬はますらたけをの心とぞみる

税所敦子

このめつむをとめが唄に時鳥こゑかはすなり宇治のやま里

香取秀真

橋寺や法師はあらず然れども茶の木の畑に梅ひともと咲く

倉知常隆

冬木立鳳凰堂の屋の上に鴉こゑして寒き川みづ

服部綾足

はらはらとこぼるゝ桜遅桜扇の芝はかなしきところ

三条末子

ひるの月空にうかべるいみじさよ平等院は夢と静けき

九条武子

水色の渦の日傘に日をよけて川ぞひを行く二人の女

白岩艶子

つゆばれを凌霄花のうぜんかづらぬれて落つる平等院のひるしづかなり

白蓮

宇治川の堤の桜今日のこの吾等が為めに花吹雪せよ

平井鸞子

朝されば時鳥なき夕されば蛍とぶ宇治の夏はよろしも

村田清子

わが願ひ春のあしたを宇治川の流にそひてここに終れと

春くるる平等院のおばしまに今美しく山桜ちる

補録

宇治

よみ人知らず

さむしろに衣かたしき今宵もや我を待つらむ宇治の橋姫

ちはやぶる宇治の橋守なれをしぞあはれとは思ふ年のへぬれば

喜撰

わが庵は都のたつみしかぞ住む世をうぢ山と人は言ふなり

藤原清輔

年へたる宇治の橋守こととはむ幾世になりぬ水のみなかみ

慈円

鵜飼舟あはれとぞ見るもののふの八十やそ宇治川の夕闇の空

藤原定家

さむしろや待つ夜の秋の風ふけて月をかたしく宇治の橋姫

花の色の折られぬ水にこす棹のしづくもにほふ宇治の河をさ

宗尊親王

何となき世のいとなみも哀れなり水のうへゆく宇治の柴舟

後宇多院

音はしていざよふ浪も霞みけり八十やそうぢ川の春のあけぼの

冷泉為秀

霧はるるをちの山もとあらはれて月影ながす宇治の川波

次へ