<< 2015/03 >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』伊勢方面3 津~山室山2015年03月15日

本居宣長旧宅(三重県松阪市)

(写真は松阪市の本居宣長旧宅。Railstation.netより転載)

藤堂氏の旧城下、伊勢湾に臨めり。

原田嘉朝

にえ崎の浦の汐風さえさえて朝霜白き安濃の板橋

長塚節

安濃の津をさしてまともにくる船の贄の岬に真帆の綱解く

阿漕が浦

津附近の海岸。

大田垣蓮月

沖つ波たちゐにつれて幾たびか阿漕がうらにふるしぐれ哉

松坂

本居宣長の住りし地。翁の旧棲鈴屋は今松坂公園にあり。

石松東雄

小草もゆる下樋小川の堤道昔ながらの川上の山

鈴屋翁の旧宅にて

ところせきここに筆とり畏こきや古ことをしも明らめましき

山室山

松坂の西南一里三十町にして山室山妙楽寺あり。その上に本居宣長の墓あり。

本居宣長

山室に千年の春の宿しめて風に知られぬ花をこそ見め

平田篤胤

なきがらはいづくの土になりぬとも魂は翁のもとにゆかなむ

山室山に詣でて
橘曙覧

宿しめて風にしられぬ花を今も見つゝますらむ山むろの山

おくれても生れし我か同じ世にあらば履をもとらましおぢ

山室山に官弊使参向のことありし時
猿渡容盛

雲井よりうつる日影に山室のさくらの紅葉てりまさりつつ

補録

阿漕が浦

飛鳥井雅世

塩木つむ阿漕が浦のあまの袖くれもほしあへず秋の夕暮

崇金法師

忘れずよ旅をかさねて塩木つむあこぎが浦になれし月影

松坂

(水垣注:松阪は古くは松坂と書くことが多かった。)

勢州松坂の閭亭に古松有り、いつよりのならはしにか、とみ松といふをつたへ聞きて

武者小路実陰

千とせにもむべとみ草の名をかりて花に咲くべき里の松かげ

本居宣長

よいの森木高き影に里人の家居もしげく今ぞ栄ゆく

次へ

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamatouta.asablo.jp/blog/2015/03/15/7591099/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。