<< 2015/03 >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』京都附近11 洛南(石清水八幡宮~黄檗山)2015年03月10日

井手の玉川 京都府綴喜郡井手町

石清水八幡宮

京都の南。山を男山といふ。

よみ人知らず

今こそあれわれも昔は男山さかゆく時もあり来しものを

北条氏康

頼み来し身はものゝふの八幡山いのる契は万代までに

加藤千蔭

男山神のみゆきのことはてゝ峰さしいづる月ぞしづけき

大田垣蓮月

いちじるき神のみいつのをとこ山しらべもたかき峰のまつ風

高畠式部

神山のかみの心も月かげもさえまさる夜のいとたけのこゑ

京都より奈良線によりて宇治、恭仁京等に到るべし。

井手の玉川

奈良線玉水駅附近。

源順

春深み井手の川なみたちかへり見てこそ行かめ山吹の花

藤原俊成

駒とめてなほ水かはむ山吹の花の露そふ井手の玉川

神山魚貫

山吹の花のさかりにあひにけり井手の玉川たまさかに来て

木幡

桃山の南。

香川景樹

こはた山ふけたる月に関守のゆづるつまびく音きこゆなり

金塚光

木幡道春日かゞよふ茶畑に茶つみ女の声よくうたへる

黄檗山

黄檗宗の本山、万福寺といふ。木幡駅より南十六町。

山田三秋

敷瓦ふむ音さむき大伽藍古香かすかに達磨もだせり

人見少華

鐘つけばぬつくと皆が立つかとも生けるが如し十八阿羅漢

平井鸞子

小草つみ胡蝶追ひつつ黄檗の御寺に今日も詣で来にける

補録

石清水八幡宮

臨時の祭の舞人にて、もろともに侍りけるを、ともに四位してのち、祭の日遣はしける

藤原実方

衣手の山ゐの水に影みえしなほそのかみの春ぞ恋しき

源頼政

石清水ながれに放ついろくづの鰭ふりゆくも見ゆる月影

源通光

八幡山さかゆく峰は越え果てて君をぞ祈る身のうれしさに

後嵯峨院

男山老いてさかゆく契りあらばつくべき杖も神ぞ切るらむ

後宇多院

世を思ふ我が末まもれ石清水きよき心のながれ久しく

伏見院

石清水ながれの末をうけつぎてたえずぞすまん万代までに

足利義満

たのむかな我がみなもとの石清水ながれの末を神にまかせて

中院通村

秋風やまづ吹きそめし男山さかゆく光月に添へとて

井手の玉川

よみ人知らず

かはづ鳴く井手の山吹散りにけり花の盛りに逢はましものを

小野小町

色も香もなつかしきかなかはづなく井手のわたりの山吹の花

恵慶

山吹の花のさかりに井手に来てこの里人になりぬべきかな

源実朝

玉藻かる井手のしがらみ春かけて咲くや川瀬のやまぶきの花

藤原為家

散ればかつ浪のかけたるしがらみや井手こす風の山吹の花

永福門院

打ちいづる浪さへ色にうつろひぬ井手の川瀬の山吹の頃

田安宗武

山城の井手の玉川みづ清みさやにうつろふ山吹の花

歌枕紀行「井手」へ

木幡

倭姫王

青旗の木幡の上をかよふとは目には見れどもただに逢はぬかも

柿本人麻呂

山科の木幡の山を馬はあれど徒歩かちより吾が来しを思ひかねて

八田知紀

とほ妻のたよりに聞くぞなつかしき木幡の里の梅の初花

次へ

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』京都附近12 宇治2015年03月11日

早春の宇治川

宇治

平等院鳳凰堂の古刹あり。宇治川に臨めり。平等院は源頼政陣没の処。

額田王

秋の野のみ草刈り葺き宿れりし宇治の都の仮庵し思ほゆ

柿本人麿

物のふのやそ宇治川の網代木にいさよふ波の行方知らずも

藤原定頼

朝ぼらけ宇治の川霧絶え絶えにあらはれわたる瀬々の網代木

藤原基光

宇治川の川瀬も見えぬ夕霧に槙の島人舟よばふなり

源頼政

埋木の花さくこともなかりしにみのなる果ぞあはれなりける

寂蓮

暮れてゆく春の港は知らねども霞に落つる宇治の柴舟

加藤千蔭

あじろ木におりゐる鷺のみの毛のみ一村しろき宇治の川霧

村田春海

水上や雨のなごりの山見えて夕日にうかぶ宇治のかはぶね

上田秋成

やどりする宇治の橋本さよ更けて中の河洲になくは千鳥か

中林竹洞

武夫もののふ八十やそうぢ川の早き瀬はますらたけをの心とぞみる

税所敦子

このめつむをとめが唄に時鳥こゑかはすなり宇治のやま里

香取秀真

橋寺や法師はあらず然れども茶の木の畑に梅ひともと咲く

倉知常隆

冬木立鳳凰堂の屋の上に鴉こゑして寒き川みづ

服部綾足

はらはらとこぼるゝ桜遅桜扇の芝はかなしきところ

三条末子

ひるの月空にうかべるいみじさよ平等院は夢と静けき

九条武子

水色の渦の日傘に日をよけて川ぞひを行く二人の女

白岩艶子

つゆばれを凌霄花のうぜんかづらぬれて落つる平等院のひるしづかなり

白蓮

宇治川の堤の桜今日のこの吾等が為めに花吹雪せよ

平井鸞子

朝されば時鳥なき夕されば蛍とぶ宇治の夏はよろしも

村田清子

わが願ひ春のあしたを宇治川の流にそひてここに終れと

春くるる平等院のおばしまに今美しく山桜ちる

補録

宇治

よみ人知らず

さむしろに衣かたしき今宵もや我を待つらむ宇治の橋姫

ちはやぶる宇治の橋守なれをしぞあはれとは思ふ年のへぬれば

喜撰

わが庵は都のたつみしかぞ住む世をうぢ山と人は言ふなり

藤原清輔

年へたる宇治の橋守こととはむ幾世になりぬ水のみなかみ

慈円

鵜飼舟あはれとぞ見るもののふの八十やそ宇治川の夕闇の空

藤原定家

さむしろや待つ夜の秋の風ふけて月をかたしく宇治の橋姫

花の色の折られぬ水にこす棹のしづくもにほふ宇治の河をさ

宗尊親王

何となき世のいとなみも哀れなり水のうへゆく宇治の柴舟

後宇多院

音はしていざよふ浪も霞みけり八十やそうぢ川の春のあけぼの

冷泉為秀

霧はるるをちの山もとあらはれて月影ながす宇治の川波

次へ

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』京都附近13 恭仁京址~月の瀬2015年03月12日

早春の泉川(木津川)

恭仁くに京址

加茂駅より木津駅に至る間木津川に臨める一帯の地。泉川は木津川の古名にして、鹿背山みかの原等みな此地にあり。

田辺福麿

鹿背かせの山木立を繁み朝さらず来鳴きとよもす鶯の声

みかの原ふたぎの野べを清みこそ大宮所定めけらしも

井上文雄

夏衣かせ山さむきさみだれの恭仁くにのみやこになくほとゝぎす

川田順

ふるさとの恭仁の山田の稲にすがり夏晩れゆけば蛍は飛ばず

笠置、月の瀬は奈良線の木津駅より関西本線によりて東すべし。

笠置山

笠置駅の傍。木津川に臨めり。元弘の古戦場。

後醍醐天皇

さしてゆく笠置の山をいでしよりあめが下にはかくれがもなし

藤原藤房

いかにせむ頼む蔭とてたちよればなほ袖ぬらす松の下露

加納諸平

笠置山あすの時雨をさきだてゝみだるゝくもに嵐ふくなり

川田順

笠置山夜討が攀ぢしからめ手の岩かげさむき蔦紅葉かな

朝場重三

水に臨む南笠置の温泉のやどのまひる寂しき山ふぢの花

中原竹鳳

はら〳〵と独活の枯れ葉に霙する南笠置の春のさびしさ

月の瀬

上野又は島が原より入るべし。

原三渓

久方の月の瀬人は嶺にすみて天の原にも梅をうゑけり

高木真藤

月の夜を月の瀬山に宿かりてにほひこぼるゝ花の影ふむ

和田洋夫

小車のつなひく犬が喘ぎのぼる月の瀬山路うめの花ふみて

補録

恭仁京址

活道いくぢの岡に登り、一株の松のもとに集ひて宴する歌

市原王

一つ松幾代か経ぬる吹く風の声の清きは年深みかも

よみ人知らず

都出でて今日みかの原いづみ川かは風さむし衣かせ山

泉川

(木津川の古称。)

田辺福麿

狛山に鳴くほととぎす泉河渡りを遠みここに通はず

藤原兼輔

みかの原分きて流るる泉川いつ見きとてか恋しかるらむ

藤原仲実

泉川水の水曲みわたふし漬けにしば間のこほる冬は来にけり

藤原定家

泉川かは波きよくさす棹のうたかた夏をおのれちつつ

時わかぬ波さへ色にいづみ川ははその森に嵐ふくらし

藤原為家

波の花こほりのひまをいづみ川けふみかの原春たちにけり

宗尊親王

泉川かは風寒し今よりや恭仁の都は衣うつらむ

三条西実隆

ほのかにも山より月のいづみ川ひかりぞ四方にわきて流るる

下河辺長流

泉川水のすずしさたちこめて今日より夏の衣かせ山

歌枕紀行「泉川・瓶原」へ

笠置山

藤原為忠

あかつきの鐘にかたぶく月影はかさぎの山に入りかかりけり

藤原俊成

五月雨は水上まさる泉川かさぎの山も雲がくれつつ

藤原定家

散らすなよ笠置の山の桜花おほふばかりの袖ならずとも

月の瀬

(水垣注:「月の瀬」は今月ヶ瀬と称し、この地名は奈良市に属するが、関西本線の月ヶ瀬口駅は京都府相楽郡にある。名高い梅林・梅渓は京都・奈良・三重の三府県に及ぶ。)

樋口一葉

さらばとて立ち出でがたし月の瀬のうめのたよりは告げて来つれど

(京都附近おわり)

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』伊勢方面1 木曽川~四日市2015年03月13日

木曽三川(木曽川・揖斐川・長良川)桑名市フリー素材

上空から見る木曽三川(桑名市フォトギャラリーより)

伊勢方面

名古屋より関西本線によりて伊勢方面に入るべし。

木曽川

信濃より出づ。弥富駅の近傍を流れて海に入る。

原三渓

海なせる大木曽川の春の水流れて入りぬ伊勢の霞に

菜の花に春風かをる国すぎて夕日にわたる大木曽の川

服部綾足

紺碧の大木曽の流ゆるやかに夕日をうけて八十帆やそほのぼるも

竹田寅三

赤濁る水ゆたゆたと大木曽の中洲の根笹ゆるぶりゆくも

浅野保

かははらされ石にのかがよひて舟より見るにまぶしかりけり

高橋照子

雨しとしと水に音して川舟のともし火さむし木曽川づつみ

長谷部和子

春の日の大木曽川にうちむかひせばき心のさびしまれける

桑名

揖斐川の川口にあり。

服部綾足

境洲の蘆は刈られて揖斐長良広き流に千鳥啼散る

川口の春の夜こそは親しけれ竿の灯匂ふとまり船など

白壁に越前こがれ反射して倉庫くらうつくしき河岸かしの夕暮

高木篤子

石取の山車ことごとく灯を入れて川口の町をねりゆく夕べ

杉山律子

揖斐長良町屋の川の水ゆたかに静にそゝぐ伊勢の内海

長谷部和子

船津屋のおばしまゆ見る秋の水大江の水を雁鳴渡る

多度山

桑名より西北三里、麓に国幣大社多度神社あり。

服部綾足

薄霞む亀の尾の山冠山神さびたてり宮居まもりて

杉山律子

多度の山千代へし杉の二本に今も神代のおもかげおぼゆ

四日市

北伊勢第一の都会。

石松東雄

汽車の窓に長餅を売り時雨売る声もなつかし伊勢路に入れば

川村又助翁の万古焼を見めでて
東久世通禧

すゑものの末の栄は限あらじ国の内外に其名しられて

補録

木曽川

中島広足

浪の音はしたに騒ぎて明くる夜の霧しづかなる木曽の山川

多度山

桑名より船にのりて佐屋川をのぼるほど多度山のいたくかすみて見えければ

本居宣長

朝風の寒きたど山しかすがに霞きらへり春ふかみかも

四日市

聖武天皇

妹に恋ひあがの松原見渡せば潮干の潟にたづ鳴き渡る

(水垣注:「吾の松原」は万葉集の左注によれば伊勢国三重郡にあった松原。今の四日市市辺りかという。)

東にくだりける時、伊勢の四日市場といふところの浜より舟にのりて、熱田にわたるとてよめる

下河辺長流

星崎にこぎてわたれば棚ばたのふな乗りすらんここちこそすれ

次へ

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』伊勢方面2 湯の山温泉~鈴鹿2015年03月14日

湯の山温泉

(写真は湯の山温泉)

湯の山温泉

また菰野温泉といふ、四日市より四里、軽便鉄道あり。

雪の日湯山にのぼる
石榑千亦

峡ゆ見る伊勢の海原きはやかにはれ居り山は吹雪する中に

千人岩にて
長谷部和子

千人をものすてふ岩に一人ゐて玉と砕くる渓の水見る

能褒野のぼの

加佐登亀山の中間。日本武尊東征の帰途此地にて薨去せらる。

八田知紀

白鳥のかげこそみえね御つるぎのさやかに跡は残りけるかな

中岡黙

東夷あづまえびすうちなびけんと太刀はきて野こえ山こえきましゝ皇子みこ

山辺御井やまべのみゐ

鈴鹿河畔、加佐登附近にあり。

長屋王

山辺の御井を見がてり神風の伊勢少女をとめどもあひ見つるかも

鈴木重綱

雲雀うたふ麦畑こえて山の辺の御井の跡とふ初夏の頃

鈴鹿

大和より伊勢に通ふ通路は鈴鹿川に添へり。峠を鈴鹿峠といふ。

作者不詳

鈴鹿川八十瀬やそせ渡りて誰ゆゑか夜越にこえむ妹もあらなくに

大中臣能宣

下紅葉いろいろになる鈴鹿山時雨のいたくふればなるべし

皇嘉門院治部卿

五月雨の日をふるまゝに鈴鹿川八十瀬の浪ぞ音増りける

西行

鈴鹿川憂世をよそにふり捨てていかに成行くわが身なるらむ

香川景樹

鈴鹿山雲も関路にかゝりけりしぐれぬ先にいかでこえまし

以下亀山より分岐する参宮鉄道によりて南す。

補録

湯の山温泉

与謝野晶子

春老いては鏡にもらす歌ぞ多き二十なりける湯の山の宿

能褒野のぼの

能煩野に到りませる時に、国しのはして歌ひたまはく

日本武尊

やまとは 国のまほろば たたなづく 青垣 山ごもれる 倭しうるはし

鈴鹿

徽子女王

世にふればまたも越えけり鈴鹿山むかしの今になるにやあるらむ

藤原定家

えぞ過ぎぬこれや鈴鹿の関ならむふりすてがたき花の陰かな

藤原良経

鈴鹿川波と花との道すがら八十瀬をわけし春は忘れず

後鳥羽院

鈴鹿川ふかき木の葉に日数へて山田の原の時雨をぞきく

達智門院

鈴鹿川八十瀬の波はわけもせでわたらぬ袖のぬるる頃かな

香川景樹

雨にとくなりぬるものを鈴鹿山霧の降るのと思ひけるかな

次へ

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』伊勢方面3 津~山室山2015年03月15日

本居宣長旧宅(三重県松阪市)

(写真は松阪市の本居宣長旧宅。Railstation.netより転載)

藤堂氏の旧城下、伊勢湾に臨めり。

原田嘉朝

にえ崎の浦の汐風さえさえて朝霜白き安濃の板橋

長塚節

安濃の津をさしてまともにくる船の贄の岬に真帆の綱解く

阿漕が浦

津附近の海岸。

大田垣蓮月

沖つ波たちゐにつれて幾たびか阿漕がうらにふるしぐれ哉

松坂

本居宣長の住りし地。翁の旧棲鈴屋は今松坂公園にあり。

石松東雄

小草もゆる下樋小川の堤道昔ながらの川上の山

鈴屋翁の旧宅にて

ところせきここに筆とり畏こきや古ことをしも明らめましき

山室山

松坂の西南一里三十町にして山室山妙楽寺あり。その上に本居宣長の墓あり。

本居宣長

山室に千年の春の宿しめて風に知られぬ花をこそ見め

平田篤胤

なきがらはいづくの土になりぬとも魂は翁のもとにゆかなむ

山室山に詣でて
橘曙覧

宿しめて風にしられぬ花を今も見つゝますらむ山むろの山

おくれても生れし我か同じ世にあらば履をもとらましおぢ

山室山に官弊使参向のことありし時
猿渡容盛

雲井よりうつる日影に山室のさくらの紅葉てりまさりつつ

補録

阿漕が浦

飛鳥井雅世

塩木つむ阿漕が浦のあまの袖くれもほしあへず秋の夕暮

崇金法師

忘れずよ旅をかさねて塩木つむあこぎが浦になれし月影

松坂

(水垣注:松阪は古くは松坂と書くことが多かった。)

勢州松坂の閭亭に古松有り、いつよりのならはしにか、とみ松といふをつたへ聞きて

武者小路実陰

千とせにもむべとみ草の名をかりて花に咲くべき里の松かげ

本居宣長

よいの森木高き影に里人の家居もしげく今ぞ栄ゆく

次へ

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』伊勢方面4 伊勢神宮2015年03月16日

五十鈴川

外宮げくう

高倉山の麓に鎮坐ませり。山田駅より五町。

藤原俊成

かけまくもかしこき豊の宮柱なほき心は空にしるらむ

西行

何事のおはしますかは知らねども忝さに涙こぼるる

度会仲房

君が代は濁りもあらじ高倉や麓に見ゆる忍穂おしほ井の水

古市

山田の東に連る。

高木真藤

絵雪燈灯火にほふ伊勢音頭我も昔の人ごこちして

河杉初子

あかね染こさめの伊勢の古市の家ののれんはいと静かなる

宇治橋

五十鈴川(又みもすそ川)の内宮参拝路に架せり。

源経信

君が代はつきじとぞ思ふ神風やみもすそ川のすまん限は

石松東雄

もや深き神の宇治橋とどろとどろふみならしゆく朝まうで人

神宮

外宮に対して内宮ともいふ、天照大神を祀る。神路山の麓に鎮坐ませり。

加藤千蔭

五十鈴川高萱葺けるみあらかに神代の手ぶりいちじるきかも

本居宣長

いすず川新たにうつる神垣や年ふる杉の蔭はかはらず

伴林光平

度会の宮路にたてる五百枝いほえ杉影踏むほどは神代なりけり

足代幸子

神のます五十鈴の川の末遠く流れてたえぬ君が御代かな

石松東雄

神路山神杉かげのもや分けて神代覚ゆる朝詣かも

高木真藤

清らなる神の御園の静けさに此身神代にある心地する

高田雪子

神さぶる杉のしづ枝ゆ散る露をめぐみの露とうけてかしこむ

村田清子

かげ深き大杉のもとにひざまづき小さき吾らいのりささげぬ

補録

外宮

西行

聞かずともここをせにせんほととぎす山田の原の杉のむら立

外宮にて詠み侍りける
藤原定家

契りありてけふ宮川のゆふかづら永き世までもかけてたのまむ

越前

神風や山田の原の榊葉に心のしめをかけぬ日ぞなき

大御神宮にまうでける時、宮川にて
本居宣長

わたらひの大河水をむすびあげて心も清くおもほゆるかも

神宮

大江匡房

君が代は久しかるべしわたらひや五十鈴の川の流れ絶えせで

藤原俊成

神風や五十鈴の川の宮柱いく千世すめとたてはじめけん

高野山を住みうかれてのち、伊勢国二見浦の山寺に侍りけるに、太神宮の御山をば神路山と申す、大日の垂跡を思ひてよみ侍りける

西行

深く入りて神路のおくを尋ぬればまた上もなき峰の松風

慈円

立ちかへる世と思はばや神風やみもすそ川のすゑの白波

伊勢御遷宮の年の歌
源実朝

神風や朝日の宮のみやうつしかげのどかなる世にこそありけれ

伊勢の勅使上る道より申しおくりにける
二条為氏

勅として祈るしるしの神風によせくる浪はかつくだけつつ

後醍醐天皇

照らしみよ御裳濯川にすむ月もにごらぬ波の底の心を

宗良親王

五十鈴川その人なみにかけずともただよふ水のあはれとは見よ

北畠親房

我が上に月日はてらせ神路山あふぐ心にわたくしはなし

荷田春満

紫もあけの衣もはえはあれど清き神路の山あゐの袖

香川景樹

五十鈴川すずしき音になりぬなり日もゆふしでにかかる白浪

清水浜臣

みづえさす桂の大木陰すずし夏はいつきの宮の朝風

皇太神宮を礼拝してよめる
福田行誡

ひらけゆくわが大御世も久方の天の岩戸の光なるらむ

長塚節

かしこきや神の白丁よぼろは真さやけき御裳濯川に水は汲ますも

歌枕紀行「神路山」へ

次へ

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』伊勢方面5 二見潟~尾鷲2015年03月16日

二見浦の明け方

二見潟

内宮より鳥羽にむかふ途にあり。

慈鎮

あかぬかなあけくれ見れど玉くしげ二見の浦の松の村立

加藤千蔭

二見潟こち吹く風に明けそめて神代ながらの春は来にけり

高田相川

二見がた神代おぼゆる寝ざめかな浦ふく風に千鳥声して

二見潟うららに明けて浜松のかげふむ道によする白波

河杉初子

わたつ海吾立つ前にざざんざととよめきてあり伊勢はよき国

鳥羽

志摩国の要津。全面に答志島等の諸島あり。

門野練八郎

鳥羽の海夕べの磯の風凪ぎてためらふ如し白帆三つ四つ

藁谷みか子

貝細工ひさぐ小店の立並ぶ港の町につよき春の日

河杉初子

志摩の国鳥羽の港のありあけに小舟やりけれおぼろおぼろと

多徳島

御木本真珠養殖場あり。

石松東雄

真珠またま生む多徳の島の春風は英虞あご少女をとめのぬれし髪ふく

丘の上の風見動かず鏡なす入江のどかに蝶一つとぶ

湯あみよしと貝が音ふけばをち方の島の島守舟こぎ来る

志摩めぐり

佐佐木信綱

水桶を頭にのせし少女ゆく煙草の花に小雨ふる岡

英虞あごの海入江暮れたる夕もやに声よき海士がおし送り唄

南風みなみ吹けば熊野より来るこま島のこゑうつくしき山吹の渓

尾鷲

紀州東端の海港。今三重県に属す。

石榑千亦

雨くらき松原道のくだり坂ゆくてあかるく波のよる見る

補録

二見潟

藤原実方

あけがたき二見の浦による浪の袖のみ濡れておきつ島人

大中臣輔弘

玉くしげ二見の浦の貝しげみ蒔絵にみゆる松のむらだち

西行

思ひきや二見の浦の月をみて明け暮れ袖に浪かけんとは

藤原定家

ますかがみ二見の浦にみがかれて神風きよき夏の夜の月

後鳥羽院

二見がた月をもみがけ伊勢の海の清きなぎさの春の名残に

藤原基家

二見潟うらの島々明くる夜のとほき塩屋は春ぞさびしき

本居宣長

赤根さす日影とふじの白雪と二見のうらの朝明のそら

鳥羽

柿本人麿

嗚呼見あみの浦にふな乗りすらむをとめらが玉裳たまもの裾に潮満つらむか

(「鳴呼見の浦」は鳥羽湾内の入海という)

与謝野晶子

少女子をとめごの櫛笥の中を見るごとく小船のならぶ鳥羽の川かな

志摩

柿本人麿

くしろつく答志たふしの崎に今日もかも大宮人の玉藻刈るらむ

(「答志の崎」は志摩半島の崎)

吉野秀雄

秋凪あきなぎの英虞あご海庭うなには漕ぎみていにしへいまの時もわかなく

(伊勢方面おわり)