<< 2015/03 >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』大和紀伊方面1 奈良2015年03月18日

平城宮朱雀門(奈良県奈良市)

(写真は復原された平城宮朱雀門。Railstation.netより転載)

大和紀伊方面

奈良

小野老

あをによし奈良の都は咲く花の匂ふが如く今さかりなり

作者不詳

白がねの目貫めぬきの太刀をさげはきて奈良の都をねるは誰が子ぞ

土岐哀果

余りたる餌をかひとれば夕ぐれの旅人われによりくる四五匹

服部綾足

奈良人形夜寒の店の電燈にかがやく箔のみやびたるかな

榊原春村

陽を浴びて落葉の庭にさびれ立つわが大寺のいたましき秋

幾千年かくて黙して大寺の滅びむ果の秋の日を思ふ

河杉初子

奈良の秋落葉しげきにとほつ代のをとめもかくや物を思ひし

猿沢池

奈良の東方九町。

柿本人麿

我妹子わぎもこがねくたれ髪を猿沢の池の玉藻と見るぞ悲しき

金塚光

猿沢の池の青柳少女をとめさび遠つ采女のすがたおもほゆ

補録

奈良

大伴旅人

沫雪のほどろほどろに降りしけば奈良の都し思ほゆるかも

平城天皇

ふるさととなりにし奈良の都にも色はかはらず花は咲きけり

奈良の京にまかれりける時に、やどれりける所にてよめる

坂上是則

み吉野の山の白雪つもるらし古里さむくなりまさるなり

大和に侍りける母みまかりてのち、かの国へまかるとて

伊勢

ひとりゆくことこそ憂けれふるさとの奈良のならびて見し人もなみ

伊勢大輔

いにしへの奈良の都の八重桜けふ九重に匂ひぬるかな

藤原家隆

いにしへの幾世の花に春暮れて奈良の都のうつろひにけむ

一条兼良

いにしへをみきのつかさの袖の香や奈良の都にのこる橘

猿沢池

紀貫之

猿沢の池もつらしなわぎもこが玉藻かづかば水もひなまし

藤原良経

猿沢の玉藻の水に月さえて池にむかしの影ぞうつれる

三条西実隆

底ふかき思ひやのこる猿沢の池のほたるの玉藻がくれに

次へ

「美しい江戸かるたと読む百人一首」を改訂しました2015年03月18日

美しい江戸かるたと読む百人一首表紙

昨年末に出版しました『美しい江戸かるたと読む百人一首』を改訂しましたのでお知らせ申し上げます。旧版ではサンプルが目次だけになってしまっていたので、それを避けることが改訂の第一の理由なのですが、ついでに、くずし字と翻刻原文の比較がより容易になるようにするなど、工夫を加えました。

改訂版をダウンロードするには、Amazonのトップページで、検索窓の右にある「アカウントサービス」にマウスを合わせ、「コンテンツと端末の管理」を撰択して下さい。ライブラリが表示されますので、「美しい江戸かるたと…」を探して下さい。アクションのうちアップデート版をダウンロードする選択肢がありますので、クリックして下さい。お持ちの端末に改訂版がダウンロードされ、旧版と入れ替わります。

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』大和紀伊方面2 春日2015年03月19日

春日野(奈良県奈良市)

春日神社

春日山の麓にあり。

与謝野寛

藤の花なびきて匂ふ朱の廊に日傘して入る春日少女ら

尾上柴舟

馬酔木あしびなど媚ぶるがごとくほの匂ふ春日の杜の春の夕ぐれ

川田順

いくさがみ武甕槌たけみかづちも白藤の春日にませばみやびさびて

東一雄

笏拍子さくはうし梅がえうたふ宮つこの白きひげ吹く初春の風

白蓮

奈良の鹿は優しき目して物古りし燈籠のかげに吾を見まもる

春日野

よみ人しらず

春日野の飛火の野守出でて見よ今幾日いくかありて若菜つみてん

壬生忠岑

春日野の雪間を分けて生ひ出くる草のはつかに見えし君はも

香川景樹

春日野に若菜を摘めば我ながら昔の人の心地こそすれ

加藤順三

春日野や小鹿むれゆく曙を杉の若葉に小雨そぼふる

服部綾足

鹿守が鳴らすラツパの声ひゞき馬酔木の陰はくれそめにけり

佐佐木信綱

鹿のむれ秋の暮るゝも知らであり枯草原をと行きかく行き

大村八代子

餌を乞ふとまつはる鹿を恐れつゝ杉の木かげを吾子は動かず

春日山

奈良市の東方に聳ゆ。

大伴家持

あまごもり心いぶせみ出で見れば春日の山は色づきにけり

佐佐木信綱

我が行くは憶良の家にあらじかとふと思ひけり春日の月夜

村田清子

春日山小鹿のむらとわがそでに美しくちる山桜かな

補録

春日神社

藤原忠房

めづらしき今日の春日の八乙女やをとめを神もうれしとしのばざらめや

十市遠忠

春日山しづかなる世の春にあひて花さくころの宮めぐりかな

春日野

作者未詳

春日野にけぶり立つ見ゆ娘子をとめらし春野のうはぎ摘みて煮らしも

よみ人知らず

春日野は今日はな焼きそ若草のつまもこもれり我もこもれり

在原業平

春日野の若紫の摺り衣しのぶの乱れかぎり知られず

紀貫之

春日野の若菜つみにや白妙の袖ふりはへて人のゆくらむ

源国信

春日野の下もえわたる草の上につれなく見ゆる春のあは雪

会津八一

かすがの に おし てる つき の ほがらか に あき の ゆふべ と なり に ける かも

春日山

穂積皇子

今朝の朝明あさけ雁がね聞きつ春日山もみちにけらし我が心痛し

大伴坂上郎女

春日山霞たなびき心ぐく照れる月夜に独りかも寝む

凡河内躬恒

春立つとききつるからに春日山きえあへぬ雪の花と見ゆらむ

三笠山

阿部仲麿

あまの原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも

源家長

いづこにもふりさけ今やみかさ山もろこしかけて出づる月かげ

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』大和紀伊方面3 高円~手向山2015年03月20日

若草山の山頂にて

高円たかまど

春日山の南。

(水垣注:高円は上代には「たかま」と言ったらしい。)

大伴家持

宮人の袖つけごろも秋萩ににほひよろしき高円たかまとの宮

作者不詳

秋風は日毎ひにけに吹きぬ高まとの野辺の秋萩ちらまく惜しも

嫩草山

東大寺の東にあり。

樺山常子

なめらかさ油のやうな雨がふるうまし少女をとめの若草山に

河杉初子

恋ひ恋ひし若草山の上に立てば春のゆふ日に涙こぼるゝ

東花子

幼子をともなひつれて春風の若くさ山にのぼりけるかな

手向山

手向山神社あり。

菅原道真

この度はぬさもとりあへず手向山紅葉の錦神のまにまに

藤原清輔

今ぞ知る手向の山はもみぢ葉の幣と散りかふ名にこそ有けれ

藤原為家

染めもあへず時雨るゝままに手向山紅葉をぬさと秋風ぞ吹く

補録

高円

笠金村

高円たかまとの野辺の秋萩いたづらに咲きか散るらむ見る人なしに

大伴坂上郎女

猟高かりたかの高円山を高みかも出で来る月の遅く照るらむ

中臣清麻呂

天雲あまくもに雁ぞ鳴くなる高円の萩の下葉はもみちあへむかも

大伴家持

高円の野辺のかほ花面影に見えつつ妹は忘れかねつも

大原今城

高円の尾上の宮は荒れぬとも立たしし君の御名忘れめや

(「尾上の宮」は高円山にあった聖武天皇の離宮。)

作者未詳

夕されば衣手寒し高円の山の木ごとに雪ぞ降りける

堀河天皇

しきしまや高円山の雲間より光さしそふ弓はりの月

藤原基俊

高円の野ぢの篠原すゑさわぎそそや木枯けふ吹きぬなり

後鳥羽院

里は荒れぬ尾上の宮のおのづから待ちこし宵も昔なりけり

嫩草山

冷泉為尹

下もえのわか草山の雪どけにそれも見え行く谷のむもれ木

中院通勝

今日は又春雨ふりぬ春日野や若草山の同じみどりに

長塚節

見れど飽かぬ嫩草山に夕霧のほのぼのにほふくさ萩の花

手向山

藤原信実

もみぢ葉を風にまかする手向山ぬさもとりあへず秋はいぬめり

細川幽斎

いざさらば花のぬさをや手向山もみぢにあける神の心に

契沖

とりあへず紅葉をぬさと手向山神のこころを神やうけけむ

次へ

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』大和紀伊方面4 東大寺2015年03月21日

東大寺大仏殿

三月堂

奈良第一の古建築。

佐佐木信綱

いにしへのおほき匠のたまごもる執金剛しつこんがうを見ればたふとし

二月堂

窪田空穂

踏み踏みてくぼめる石のきだはしを吾もふみゆく二月堂へと

樺山常子

天平のかをりゆかしく袖にしめて秘仏ををがむ春二月堂

東大寺

与謝野晶子

東大寺仁王の門を静かなるうす墨色にぬらす秋雨

大仏殿

東大寺の本堂、五丈三尺の大仏を安置す。

窪田空穂

天平の帝のみ眼にゑがかせる其日おもひつ大き御仏

佐佐木信綱

供養をへて吾が大仏を仰ぎ見し仏師のまみに満ちけむ涙

東花子

旅人の五人いつたりたり春の日は大仏殿のいらかにぞさす

正倉院

大仏殿の北西に接せり。

石松東雄

さく花のさかえし御代を物語るこれのみ倉の尊く嬉しき

補録

三月堂

会津八一

びしやもん の おもき かかと に まろび ふす おに の もだえ も ちとせ へ に けむ

東大寺

会津八一

ひむがし の やまべ を けづり やま を さへ しぬぎて たてし これ の おほてら

大仏殿

会津八一

おほらかに もろて の ゆび を ひらかせて おほきほとけ は あまたらしたり

あまたたび この ひろまへ に めぐり きて たちたる われ ぞ しる や みほとけ

更新のお知らせ2015年03月22日

『拾遺愚草』資料集に、冷泉為臣編『藤原定家全歌集』未収録の歌を集めた「定家歌補遺」、定家仮名遣と歴史的仮名遣の違いをまとめた「定家仮名遣と歴史的仮名遣」をアップしました。いずれも暫定版です。縦書・ルビ対応のブラウザ(Chrome、IE、Safari等)の最新バージョンで御覧下さい。

新刊のお知らせ2015年03月27日

一葉歌集(やまとうたeブックス)

樋口一葉の和歌集『一葉歌集』の電子書籍(kindle版・epub版)を刊行しました。
大正元年十一月博文館より出版された本の復刊です。
一葉の和歌は厖大な数に上るようですが、本書は佐佐木信綱が精撰した四百五十余首を収めています。
以前ちくま文庫から出た『樋口一葉和歌集』は佐佐木信綱の撰歌をそのまま使っていたので、歌そのものは全く同じになります。ちくま文庫の本は品切れなのか、古書店で高値で取引されているようです。
本書では附録として、一葉の和歌観を知る手がかりとなる一章を含むエッセイ集『随感録』を巻末に収めました。「切なる恋の心は尊ときこと神の如し」「学者に無学多く、法律家に不法のことゞも多きは、今にはじまりけるにもあらじ」といった名句・警句の宝庫とも言うべき、知る人ぞ知る名エッセイです。

アマゾンへはこちらからどうぞ。

楽天へはこちらから。

ちくま文庫

一葉歌集について2015年03月28日

『一葉歌集』の商品詳細ページで、「Amazonベストセラー商品ランキング」に「漢詩」のカテゴリが表示されていますが、これはアマゾン側の不手際です。私は出版の際「漢詩」のカテゴリを撰択していないのに、なぜか「漢詩」のカテゴリに入ってしまっているのです。もとより本書に漢詩は含まれません。皆様には誤解されませぬように。この件に関しましてはアマゾンに問い合わせ中です。

一葉歌集について(つづき)2015年03月29日

鎌倉の桜

昨日ブログに書いた件ですが、問い合わせ後30分もしないうちにメールがありました。Amazonの対応の速さにはいつも驚かされます。
和歌集が「漢詩」のカテゴリに入ってしまったことにつき「ウェブサイトには参照カテゴリーが表示されるため」との説明でした。よく分からないのですが、「漢詩」のカテゴリを参照してから一葉の歌集に辿り着く人が多いということなのでしょうか。頼んで「漢詩」のカテゴリ表示は削除してもらいました(その対応も迅速でした)。

それはともかく『一葉歌集』は刊行直後から大変好調な売れ行きで(と言っても電子書籍ですからたかが知れたものですが)驚いております。

  花始開
さくら花おそしと待ちし世の人を驚かすまで咲きし今日かな(一葉)

Kindle for PC と Kindle for mac2015年03月30日

とうに御存知の方も多いと思いますが、Kindleの電子書籍がウィンドウズPCとMacでも読めるようになりました。

Kindle for PC ダウンロードサイト
Kindle for mac ダウンロードサイト

いずれも無料です。電子ブックリーダーやアンドロイドのタブレット等をお持ちでない方も、Amazonの会員であればkindleの電子書籍が購読できるようになったわけです。

なお「for PC」は「Windows8.1,8,7用」とありますが、WindowsXPはサポート対象外ではあるものの、インストールは可能なようです。XPをお使いの方には念のため、XP対応を明記している下記サイトからのダウンロードをお奨めします。

http://kindle-for-pc.softonic.jp/

http://www.softpedia.com/get/Others/E-Book/Kindle-for-PC.shtml

詳しい紹介サイトは「ウィンドウズPCで電子書籍が読める!「Kindle for PC」が便利だよ」(幸呼来weblog)がお奨めです。

【追記】
旧いバージョンのKindle for PCは和書には対応していないようです。試しにXP機に最新バージョンをインストールしてみたところ、ちゃんと使えます。自己責任にてインストールして下さい。