<< 2015/05 >>
01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

RSS

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』大阪神戸附近6 住吉2015年05月06日

住吉大社

住吉

大阪市の南端より約一里の南にあり。官弊大社住吉神社あり。

作者不詳

住の江の岸の松が根うちさらし寄り来る波の音の清しも

よみ人知らず

われみても久しく成ぬ住のえの岸の姫まつ幾よへぬらん

凡河内躬恒

住の江の松を秋風吹くからに声うち添ふる沖つしらなみ

源経信

おきつかぜ吹きにけらしな住吉の松のしづえをあらふしら浪

源頼政

住吉の松の木間こまより見渡せば月おちかゝる淡路しま山

木下幸文

雁はなどやすらふ心なかるらむ松原かすむ住の江の浦

村山松根

淡路島見つゝゆけとや住吉のあらゝまつ原まばらなるらむ

補録

住吉

(水垣注:上代は「すみのえ」と呼ばれ、これに「住吉」の字を宛てたが、平安時代から「住吉」を「すみよし」とよむようになり、こちらの呼び方が普通になった。)

車持千年

白浪の千重に来よする住吉すみのえの岸の黄土はにふににほひてゆかな

高市黒人

住吉すみのえ得名津えなつに立ちて見渡せば武庫むことまりゆ出づる船人

作者未詳

いとまあらば拾ひにゆかむ住吉すみよしの岸によるといふ恋忘れ貝

紀貫之

道しらば摘みにもゆかむ住の江の岸におふてふ恋忘れ草

藤原敏行

すみの江の岸による波よるさへや夢のかよひぢ人目よくらむ

安法法師

あまくだるあら人神のあひおひを思へば久し住吉の松

源俊頼

いくかへり花咲きぬらむ住吉の松も神代のものとこそきけ

徳大寺実定

住吉の松のうれよりひびき来て遠里とほざと小野に秋風ぞふく

藤原定家

我が道をまもらば君をまもるらむよはひはゆづれ住吉の松

後水尾院

住の江や春のしらべは松風もひとつみどりの色にかすみて

次へ

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamatouta.asablo.jp/blog/2015/05/06/7628226/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。