<< 2015/06 >>
01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

RSS

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』大阪神戸附近11 四條畷~神崎2015年06月11日

箕面の勝尾寺

写真は箕面の勝尾寺。写真ACフリー素材。

大阪市より東に向ひて片町線あり。

でふなはて

小野務

とても世に長らへはせぬ花なれどをしくもあるかな飯盛いひもりの山

(水垣注:飯盛山には三好長慶が本拠とした城があった。大阪府大東市。)

本居豊穎

へしそのくすの木の小枝さへなき数に入るあとの寒けさ

箕面

大阪の北方にあり。滝あり、紅葉あり。

朝場重三

白雲に風ふき起り乱れとぶ箕面のみねのもみぢ葉朽葉

神崎

古くは京都より西方にゆく水路はこの地を流るゝ神崎川によれり。江口神崎などの地名の世に聞えたるもこの故なり。

熊谷直好

五月雨に茅原ちはら蘆原水越えてわたし場遠し神崎の里

三島江
源通光

三島江や霜もまだぬ芦の葉につのぐむほどの春風ぞふく

補録

箕面

鴨長明

みのお山雲かけつくる峰の庵は松のひびきも手まくらの下

苔ふかき箕面のおくの杉の戸にただ音するは鹿の音ばかり

勝尾寺にて
法然

柴の戸に明け暮れ懸かる白雲をいつ紫の色に見なさむ

神崎

井上文雄

一夜とて結び捨てにし神崎の夢のたたりぞいくよともなき

三島江

かつて河内平野を満たしていた湖のなごり。摂津国の歌枕。現在の大阪府高槻市の淀川沿岸にあたる。真薦・蘆などの名所で、遊里としても知られた。

曾禰好忠

三島江につのぐみわたる蘆の根のひとよのほどに春めきにけり

行尊

三島江の水鳥さわぐ夕暮に袖うちぬらし今ぞ過ぎゆく

藤原忠通

夏ふかみ玉江にしげる蘆の葉のそよぐや船の通ふなるらむ

藤原清輔

みごもりに蘆の若葉や萌えぬらむ玉江の沼をあさる春駒

藤原定家

三島江の波に棹さすたをやめの春の衣の色ぞうつろふ

藤原雅経

葦辺ゆく鴨の羽風もさむき夜にまづ影こほる三島江の月

次へ

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』大阪神戸附近12 猪名野・有馬2015年06月12日

有馬富士(兵庫県三田市)

写真は有馬富士。兵庫県三田市。

神崎より福知山線によつて伊丹、有馬方面に向ふ。

猪名野ゐなの

伊丹附近の原野をいふ。

大弐三位

有馬山ゐなの笹原風吹けばいでそよ人を忘れやはする

有馬

福知山線の三田駅より軽便鉄道あり。東海道線よりすれば六甲山の背後に当る。(水垣注:有馬温泉へは神戸電鉄有馬線有馬温泉駅下車。)

上田秋成

みぞれふり夜のふけゆけば有馬山出湯いでゆむろに人のもせぬ

補録

猪名野

高市黒人

我妹子わぎもこに猪名野は見せつ名次山なすきやまつのの松原いつか示さむ

猿丸大夫

しながどり猪名のふし原青山にならむ時にを色はかはらむ

上西門院兵衛

おしなべて鹿の子まだらに見ゆるかな雪むらぎゆる猪名の笹原

藤原定家

もろともに猪名の笹原みち絶えてただ吹く風の音に聞けとや

宗良親王

へだてゆく猪名野の原の夕霧に宿ありとても誰かとふべき

木下幸文

春はまだ遠くやゆかぬ打ちわたす猪名のむら山薄霞せり

猪名の湊

猪名川(神崎川に合流)の河口の水門という。

藤原隆信

うき寝する猪名の湊にきこゆなり鹿の音おろす峯の松風

西園寺実氏

さしのぼる猪名の湊の夕潮にひかりみちたる秋のよの月

有馬

作者未詳

しなが鳥猪名野を来れば有間山夕霧立ちぬ宿りはなくて

伝花山院

有馬富士ふもとの霧は海に似て波かときけば小野の松風

定為

ありま山みね行く雲に風さえて霰おちくる猪名のささ原

伏見院

とまるべきかたやいづこにありま山やどなき野べの夕暮の雨

正徹

ありま山仏の身よりいだす湯に清き悟りもなどかなからん

木下長嘯子

いで湯わく谷のかげ草まづもえて有馬山風春や立つらん

次へ

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』大阪神戸附近13 蘆屋2015年06月13日

芦屋浜公園

写真は芦屋浜。背景は東神戸大橋と六甲山地。

これより東海道本線に還りて、大阪湾の北岸を神戸に向ふ。

蘆屋

蘆屋駅所在地。(水垣注:現在は「芦屋」と書く。)

藤原良経

いさり火の昔の光ほのみえて蘆屋の里に飛ぶ蛍哉

香川景樹

あしや潟海松みる拾ふ子にこととはん眉ひきたるや紀路の遠山

補録

蘆屋

水垣注:蘆屋(芦屋)は和歌では侘しげな旅泊地として詠まれることが多かった。「蘆屋」は蘆で編んだ粗末な仮小屋をも意味したからである。また業平がこの地で詠んだ歌(初出は伊勢物語)により蛍の名所ともされた。

高橋虫麻呂(万葉集)

葦の屋の菟原処女うなひをとめの奥つを行きと見ればのみし泣かゆ

作者未詳(伊勢物語)

蘆の屋のなだの塩焼いとまなみ黄楊つげ櫛もささず来にけり

在原業平(新古今集)

晴るる夜の星か川辺の蛍かも我がすむかたに海人のたく火か

藤原俊成(新勅撰集)

はるかなる芦屋の沖のうき寝にも夢路はちかき都なりけり

俊恵(千載集)

ながめやる心のはてぞなかりける芦屋の沖にすめる月影

藤原定家(続後撰集)

芦の屋に蛍やまがふ海人やたく思ひも恋も夜はもえつつ

同(続拾遺集)

ほのぼのと我がすむかたは霧こめて芦屋の里に秋かぜぞ吹く

藤原家隆(続古今集)

いつもかくさびしきものか津の国の芦屋の里の秋のゆふぐれ

頓阿

芦屋潟波のいづくもあらはれて夕日にかへる沖のつり舟

三条西実隆

立ちまがふ蘆屋の里の夕がすみ花に宿とふ行方のみかは

大隈言道

波のうへに月かたぶけば浦千鳥とぶかげうつる芦の屋の窓

次へ

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』大阪神戸附近14 住吉~武庫2015年06月14日

神戸市街より摩耶山・六甲山を望む

神戸市街より摩耶山・六甲山を望む。

住吉

六甲山の南麓

三条末子

住吉や霧の中より浮びくる夢の白帆に心をどりぬ

はろばろと来し住吉の君が家緋桃匂へり青き海みゆ

六甲山

住吉駅の北方に聳ゆ。

六甲山々上にて
星野須磨子

山高み空にかゝれる月さへもものいふばかり親しげにみゆ

摩耶山

六甲山西方の山、寺あり 天上寺といふ。

川田順

海霞む南おもてを登りきて雲の但馬の国見するかな

武庫むこ

誠拙

しばらくは都となりし津の国の武庫の浦わの初雁の声

摂州師団対抗演習の時
乃木希典

朝まだき武庫の川原は霧こめて駒のひづめの音のみぞする

補録

住吉

与謝野晶子

狭霧より灘住吉の灯を求め求め難きは求めざるかな

六甲山

古くは武庫山、武庫の山とも称した。

慈円

木の葉ふく武庫の山風立ちぬらしあやしや軒に海士の釣船

藤原家隆

葦の葉に夕霧たちぬ難波潟むこの山辺も色づきぬらむ

京極為兼

月にこぐ夜舟はるかに音すみて鹿のねおろすむこの山かぜ

窪田空穂

海のかぜ南より吹けば六甲の高根の草はみな花となれり

土屋文明

六甲の峰はいづくに尽くるらむ行けば行く先の高き草山

武庫

「武庫の泊」「武庫の浦」は武庫川河口付近。武庫川は兵庫県篠山市より大阪湾に注ぐ。

 

高市黒人(万葉集)

住吉すみのえ得名津えなつに立ちて見渡せば武庫むことまりゆ出づる船人

山部赤人(万葉集)

武庫の浦を榜ぎ粟島あはしまをそがひに見つつともしき小舟

作者未詳(万葉集)

武庫川の水脈みををはやみと赤駒の足掻あがくたぎちに濡れにけるかも

玉はやす武庫むこの渡りにあまづたふ日の暮れ行けば家をしぞ思ふ

武庫の海の庭よくあらしいざりする海人の釣舟波の上ゆ見ゆ

徳大寺実定

武庫の浦をなぎたる朝に見わたせば眉もみだれぬ阿波の島山

次へ

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』大阪神戸附近15 神戸・布引滝2015年06月15日

布引の滝のイメージ写真

(写真はいわゆる「イメージ写真」です。)

神戸

兵庫の地を併せて今神戸市となれり。

熊谷直好

淡路島かたぶく月のかげさえて和田のみ崎に時雨ふるなり

佐佐木信綱

朝風に八十帆やそほにほへり津の国の敏馬みぬめの崎の初夏の雲

石榑千亦

黒き煙灰色の煙白き煙碇泊船にからみなびけり

和田岬
真鍋教子

月見草咲きつづきたる草の根にあゆみてよれば舞立つ雲雀

布引滝

神戸市北方の山中に懸れり。

藤原有家

久方の天つをとめがなつ衣雲井にさらす布引のたき

賀茂真淵

布引の滝のたきつ瀬音にきく山のいはほを今日見つるかも

補録

神戸

福原に遷都の時、野分して侍りし朝に、権中納言実守さねもり卿の許へ申しつかはし侍りし

平経正

とへかしなまだ住みなれぬ都にて野分にあへる宿のけしきを

福原の都うつり侍りしとき、月おもしろき夜、浜にいでてよめる

藤原親盛

しほ風に浦さえわたる秋の月ふるき都の人にみせばや

西園寺実兼(玉葉集)

夕づく日わだの岬をこぐ舟の片帆にひくや武庫の浦風

木下幸文

あづまやの摩耶山おろしさえさえて和田の岬に雪降りにけり

熊谷直好

浜遠き和田のみさきの波のうへに羽打ちふれてたづ鳴きわたる

宜野湾朝保

行く舟の和田の岬をめぐるまは波にいざよへ夕月の影

敏馬みぬめ

神戸市灘区岩屋付近。万葉集の「敏馬」は誤って「としま」とも読まれたため、摂津国の歌枕として「としま」も生まれた。

柿本人麻呂(万葉集)

玉藻刈る敏馬を過ぎて夏草の野島のしまの崎に舟近づきぬ

大伴旅人(万葉集)

妹とし敏馬の崎を帰るさに独りし見れば涙ぐましも

若宮年魚麻呂(万葉集)

島づたひ敏馬の崎をこぎみれば大和ほしくたづさはに鳴く

藤原俊成

ふりにけりとしまの海人の浜びさし浪間に立ちもよらましものを

布引滝

神戸市中央区。山陽新幹線新神戸駅の裏にあたる。四つの滝があるが、現在、布を晒したように見える最も美しい滝は、雄滝であろう。

 

布引の滝にてよめる
在原行平(古今集)

こきちらす滝の白玉ひろひおきて世の憂き時の涙にぞかる

布引の滝見にまかりて
同(新古今集)

我が世をば今日か明日かと待つかひのなみだの滝といづれ高けむ

布引の滝のもとにこれかれまかりて
在原業平(古今集)

き乱る人こそあるらし白玉のまなくも散るか袖のせばきに

源顕房(千載集)

水の色のただ白雲と見ゆるかなたれさらしけむ布引の滝

藤原師通(新古今集)

みなかみの空に見ゆるは白雲の立つにまがへる布引の滝

藤原隆季(詞花集)

雲ゐよりつらぬきかくる白玉をたれ布引の滝といひけん

洞院実雄(続拾遺集)

みなかみは雲のいづくも見えわかず霞みておつる布引の滝

正徹

白妙になびくいさごの山風もあまた落ちそふ布引の滝

後柏原院

暮れゆかばいざ此の山に待ち出でん月の光もぬのびきの滝

牡丹花松柏

布引の滝のひびきと思ひしを生田の森にしぐれきにけり

三条西実隆

白妙の雲ゐに見えぬ山姫のこころをつくす布引のたき

烏丸光広

春幾世岩をつつめるしらきぬに霞たちそふ布引の滝

下河辺長流

少女をとめ子が天の川瀬にあらふとてながしやすてし布びきの滝

香川景樹

布引の滝のしら浪峰こえて生田に落つるゆふだちの雨

次へ

新刊のお知らせ2015年06月16日

北原白秋「印度更紗第一輯 真珠抄」

拙著『大伴家持小伝』、佐佐木信綱著『校註金槐和歌集』、北原白秋著『真珠抄』をAmazonより出版しました。後二者は電子復刊です。
後日、楽天Kobo等でも刊行予定ですが、まだ期日は未定です。
画像をクリックするとAmazonの商品詳細ページに移動します。

『大伴家持小伝』はウェブサイト『波流能由伎』の一コンテンツ「家持アルバム」に少し手を加えたものです。
これに伴い、「家持アルバム」は削除しました。
以前にも書いたと思いますが、今後、読みもの的なコンテンツは安価な電子書籍に移行し、ウェブサイトは資料的なものを中心として少しずつリニューアルしてゆく所存です。
コンテンツの削除は予告なくされますので、必要な方がいらっしゃいましたら、今のうちにダウンロードして保存しておいて下さい。

佐佐木信綱の『校註金槐和歌集』は、建暦三年本(定家所伝本)を初めて底本とした校注本として画期的な著作です。古書も入手困難な状態ですので、電子書籍として復刊したものです。
現在『金槐和歌集』のテキストとして最も広く流布しているのは斎藤茂吉校訂の岩波文庫版でしょうが、これは江戸時代の板本である貞享本を底本としており、原編者(おそらく実朝自身)の意図を正しく伝えるテキストではありません。本文に違いが多いのみならず、貞享本系統の本では後人による改竄とも言うべき配列変えがなされているのです。

白秋の『真珠抄』は、私の愛蔵書の電子復刊です。原本はわずか40余ページ、まるで可愛らしい絵本のようですが(上の写真を参照下さい)、短歌でも俳句でもない「短唱」を提唱した詩集として、日本短詩形の歴史において特異な位置を占めます。自由律俳句の荻原井泉水などにも衝撃を与えたとして文学史上名高い詩集であるにもかかわらず、白秋のアンソロジーでは省かれてしまうことが多いのは残念です。
原著は装幀といいレイアウトといい、本の隅々にまで白秋のこだわりが感じられます。それを電子書籍でどれだけ再現できるかというチャレンジでもありました。
電子書籍用の表紙は新しいものを作り(印度更紗ならぬバリ島更紗が素材)、原著の表紙・挿絵・裏表紙は高精細カラー画像として収録しました。

原本の複製は国立国会図書館の近代デジタルライブラリーにて閲覧可能です。