佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州3 小倉2017年02月11日

小倉城と紫川

小倉城と紫川

補録

小倉こくら

豊前国企救きく郡の一地域。近世、小倉藩の城下町として発展する。近代、福岡県小倉市となり、のち北九州市に合併され、今の小倉北区・南区に相当する。小倉駅は山陽新幹線・九州新幹線の主要駅の一つであり、日豊本線の起点でもある。森鷗外が軍医として住み、鍛冶町に旧居が残る。

 

斎藤茂吉

春いまだ寒き小倉をわれは行く鷗外先生おもひいだして

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamatouta.asablo.jp/blog/2017/02/11/8357174/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。