佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州12 志賀島2017年03月01日

志賀島(まるごと福岡)

志賀島(提供:福岡市)

補録

志賀島しかのしま

福岡市東区。海の中道によって陸続きになっている島。万葉集にはこの島を詠んだ歌が二十数首あり、殊に海人で名高かったことが知られる。金印出土を記念する金印公園、元寇の際に処刑された蒙古の兵士を供養する蒙古塚などがある。

 

覊旅作
作者未詳(万葉集)

志賀しか海人あまの塩焼くけぶり風をいたみ立ちは上らず山にたなびく

筑紫のたちに到り遥かに本郷を望み悽愴かなしみて作れる歌

作者未詳(万葉集)

志賀の浦に漁りする海人あま家人いへびとの待ち恋ふらむに明かし釣る魚

可之布江かしふえたづ鳴き渡る志賀の浦に沖つ白波立ちし来らしも

筑前国の志賀の白水郎あまの歌

山上憶良(万葉集)

志賀の山いたくな伐りそ荒雄らがよすかの山と見つつ偲はむ

筑紫のしかの島をみてよめる
僧仙舟

もののふの灯しとのみも見ゆるかな志賀の島なる海人のいさり火

岡井隆

さやさやとつばさみゆく夕鳥ゆふとり志賀しかのしままで行くにやあらむ

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamatouta.asablo.jp/blog/2017/03/01/8381118/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。