<< 2017/03 >>
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

RSS

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州16 荒津2017年03月08日

荒津(福岡市中央区荒津・西公園)とその周辺

博多湾と西公園付近(提供:福岡市 撮影者:Fumio Hashimoto)

補録

荒津

福岡市中央区荒津・西公園あたり。万葉集に「荒津の浜」「荒津の海」「荒津の崎」が詠まれている。近くに鴻臚館があり、大陸との交易の拠点であったと見られる。後世、その名から荒々しい海辺を示す歌枕となった。西公園には討幕に奔走した福岡藩士平野国臣の像がある。

 

問答歌
作者未詳(万葉集)

白栲しろたへの袖の別れをかたみして荒津の浜に宿りするかも

草まくら旅行く君を荒津まで送りぞぬる飽き足らねこそ

羇旅を悲しみ傷みて、各所心を陳べて作れる歌

作者未詳(万葉集)

荒津の海潮干しほひ潮満ち時はあれどいづれの時か我が恋ひざらむ

海辺望月作
土師稲足(万葉集)

神さぶる荒津の崎に寄する波間なくや妹に恋ひわたりなむ

夕立
笠間時朝

風さわぎ夕立しけり神さぶる荒津の崎によする白浪

ひがた
大隈言道

荒津の汐引きぬらしわが里の空も干潟と見ゆる白雲

天保八年の春のはじめに
野村望東尼

さ夜中に寝覚めて聞けば荒津の冬の名残の波のぞする

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamatouta.asablo.jp/blog/2017/03/08/8396742/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。