<< 2017/03 >>
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

日めくりカレンダー

RSS

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州17 生の松原2017年03月10日

生の松原と元寇防塁

生の松原と元寇防塁

補録

いきの松原

筑前国の歌枕。福岡市西区の姪浜めいのはまから西に延びる海岸の松林。新羅遠征の際、神功皇后が無事を祈ってこの地に松の枝を挿し、その枝が生い育って林になったと伝わる(筑前国風土記)。松原は今も残り、また元寇防塁の遺跡がある。「いき」に「生き」「行き」の意を掛け、筑紫へ下る人への餞別の歌に詠まれるなどした。

 

大弐だいにのくだるに
中務なかつかさ

老いぬれどなほ行先ぞ祈らるる千歳まつにもいきの松原

筑紫へまかりける人のもとにいひつかはしける

橘倚平(拾遺集)

昔見しいきの松原こと問はば忘れぬ人もありとこたへよ

一条院御時、大弐佐理すけまさ筑紫にはべりけるに、御手本かきに下しつかはしたりければ、おもふ心かきて奉らんとて、かきつくべき歌とてよませ侍りけるによめる

源重之(後拾遺集)

都へといきの松原いきかへり君が千歳にあはんとぞおもふ

生の松原を過ぐとて
藤原高遠

音にきくいきの松原見つるより物思ひもなき心地こそすれ

大宰帥隆家くだりけるに、扇たまふとて

枇杷皇太后宮 藤原妍子(新古今集)

すずしさはいきの松原まさるともそふる扇の風な忘れそ

法性寺入道前関白家歌合に
藤原親隆(続古今集)

恋ひ死なで心づくしに今までもたのむればこそ生の松原

細川幽斎

涼しさを風のたよりにこととはむ今いくかあらばいきの松原

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamatouta.asablo.jp/blog/2017/03/10/8399112/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。