<< 2017/04 >>
01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

RSS

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州25 大宰府跡(都府楼跡)2017年04月14日

大宰府政庁跡

補録

大宰府跡(都府楼とふろう跡)

大宰府は律令制において九州を統括した役所。「とほ朝廷みかど」とも呼ばれた。市などの地名としては「太宰府」と書くが、歴史上の名称としては「大宰府」。都府楼は大宰府政庁の正殿。西鉄天神大牟田線都府楼前駅の西約一キロに政庁跡がある。

 

柿本朝臣人麻呂、筑紫の国に下りし時、海路にて作れる歌(万葉集)

大君の遠の朝廷とあり通ふ島門しまとを見れば神代し思ほゆ

大伴旅人(万葉集)

ここにありて筑紫やいづち白雲のたなびく山のかたにしあるらし

(大宰帥を退任して帰京後、筑紫の沙弥満誓に贈った歌)

前田利定

石ずゑは夏草の中に埋もれて麦の風ふく都府楼の跡

太宰府のあとにて
会津八一

いにしへ の とほ の みかど の いしずゑ を くさ に かぞふる うつら うつら に

菅原道真をおもひて

わびすみて きみ が みし とふ とふろう の いらか くだけて くさ に みだるる

佐藤佐太郎

大野山まぢかに曇りゆく春の麦の畑は都府楼のあと

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamatouta.asablo.jp/blog/2017/04/14/8475706/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。