<< 2017/04 >>
01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

日めくりカレンダー

RSS

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州26 観世音寺2017年04月19日

観世音寺

観世音寺

天満宮の西五六町にあり。(注:福岡県太宰府市。日本有数の古刹で、かつては万葉歌人沙弥満誓さみまんぜいが造筑紫観世音寺別当を務めた。日本最古とも言われる梵鐘(国宝)がある。大宰府に幽閉された菅原道真が「観世音寺には只に鐘の声を聴く」と詩に詠じたことでも名高い。西鉄太宰府線西鉄五条駅の北西五百メートル程。)

 

白蓮

ぬかづきて何を祈りしいにしへの大弐だいにの姫がかけたる願ひ

観世音寺みあかし暗う唯一人普門品よむ声にぬかづく

補録

沙弥満誓の綿を詠む歌一首 造筑紫観世音寺別当、俗姓笠朝臣麻呂也(万葉集)

しらぬひ筑紫の綿は身に付けていまだは着ねど暖けく見ゆ

 

彼の蒼然たる古鐘をあふぐ、ことしはまだはじめてなり

長塚節

手を当てて鐘はたふとき冷たさにつま叩き聴く其のかそけきを

 

観世音寺の鐘楼にて
会津八一

この かね の なり の ひびき を あさゆふ に きき て なげきし いにしへ の ひと

釈迢空

筑紫なる観世音寺の鐘の音を思ふしづけさ。歳のあしたに

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamatouta.asablo.jp/blog/2017/04/19/8492949/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。