<< 2017/05 >>
01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

RSS

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州29 染川2017年05月10日

補録

染川

太宰府天満宮の南、光明禅寺の前を流れる小川。今は藍染川と呼ばれる。その名により染色の縁で恋歌に詠まれることが多い。歌枕「思ひ川」もこの染川と見る説がある。能「藍染川」のもととなった梅壺侍従の入水・蘇生伝説がある。

 

在原業平(拾遺集)

染川を渡らむ人のいかでかは色になるてふことのなからむ

女のもとにつかはしける
藤原真忠(後撰集)

筑紫なる思ひそめ川渡りなば水やまさらん淀む時なく

よみ人しらず(後撰集)

渡りてはあだになるてふ染川の心づくしになりもこそすれ

源重之(拾遺集)

染川に宿かる波のはやければなき名立つとも今は恨みじ

庚申夜歌枕合 蛍、染川
源経信

いさりびの波間分くるに見ゆれども染川渡る蛍なりけり

河 秋
藤原家隆

山風のおろす紅葉のくれなゐをまたいくしほか染川の波

秋切恋
正徹

恋ひわびぬ秋も心をつくし路のあひそめ川に身をや捨てまし