<< 2017/06 >>
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

RSS

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州31 朝倉2017年06月04日

福岡県朝倉市 恵蘇八幡宮

補録

朝倉

福岡県朝倉市。斉明天皇が新羅征討の際筑前国に設けた朝倉橘広庭ひろにわの宮の所在地。日本書紀によれば斉明天皇はこの宮で崩御したが、その葬列を朝倉山の上から鬼が見守っていたという。新古今集などに天智天皇の作とする「朝倉や木の丸殿まろどのにわがをれば…」は、もとは神楽歌で、この「朝倉」が筑前の朝倉であるとの確証は無いが、後世、筑前国の歌枕として定着した。朝倉市山田字恵蘇宿の恵蘇八幡宮を木の丸殿の旧蹟とする伝えがあるという。なお朝倉山は朝倉市鳥屋山の南の山とされる。

 

題しらず
天智天皇

朝倉や木の丸殿に我がをれば名のりをしつつ行くは誰が子ぞ

故筑前守の子の親範ちかのりの朝臣の来て、歌よみ物がたりなどするに、あはれなれば

能因法師

君みれば朝倉山にかくれにし人に我こそ逢ふここちすれ

(亡くなった筑前守源道済の子に会って、故人を追懐した歌)

読人不知(夫木和歌抄)

昔見し人をぞ我はよそに見し朝倉山の雲井はるかに

夏の歌の中に
祝部成仲(新後撰集)

ほととぎす朝倉山のあけぼのに問ふ人もなき名乗りすらしも

逢不遇恋
藤原家隆

よそに見ていくよになりぬ久方や朝倉山の雲間もる月

藤原俊成女

思ひ出でよ朝倉山の峰の月よそなる雲にかげは絶ゆらん

後鳥羽院

朝倉や木の丸殿にすむ月の光は名のる心ちこそすれ

大隈言道

朝倉の夕山こえてよその瀬にうつろふ虹のかげをみるかな

新刊のお知らせ 九鬼周造の文芸論2017年06月07日

アマゾンkindleにて、『九鬼周造文芸論1』「文学の形而上学」「風流に関する一考察」「芸術と生活の融合」「情緒の系図」を発売しましたのでお知らせ申し上げます。

四つを集めた論文集と同時に、各論文を分売もしております。これは、四つのうち二つは岩波文庫の『「いき」の構造』に収録されているため、既にお持ちの方も多いかと思うので、そうした方の便宜を考えてのことです。

なお九鬼周造の代表作「『いき』の構造」は、すでに青空文庫に入っていて、電子書籍を無料で読むことができます(但し肝腎の図が入っていませんが)。「文芸論1」収録の四作は青空文庫化されておらず、作業予定にも入っていませんでした。

表紙画像をクリックすると商品詳細ページに移動しますので、詳しくはそちらをご覧下さい。

【関連書籍】

新刊のお知らせ 俊成卿女集2017年06月12日

アマゾンkindleにて、『校註俊成卿女集(補訂版)』『俊成卿女集(群書類従本)』を発売しましたのでお知らせ申し上げます。

前者は佐佐木信綱校註の『中古三女歌人集』(古典全書)の「俊成卿女集」に補註などを添えたものです。後者は群書類従の版本の電子翻刻です。

表紙画像をクリックすると商品詳細ページに移動しますので、詳しくはそちらをご覧下さい。

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州33 筑後川2017年06月18日

筑後川 福岡県久留米市

福岡県久留米市

補録

筑後川

九州最長の河川。熊本県阿蘇山を水源とし、大分県で玖珠川を併せ、筑紫平野を流れて有明海に注ぐ。大分県内の流れには三隈みくま川の名がある。古くは千歳ちとせ川(千年川)・一夜ひとよ川とも呼ばれ、筑後川は江戸時代以降の称。筑紫次郎の異名もある。

 

衣笠家良

名にたかき秋のなかばの一夜川ことわりしるくすめる月かな

九条教実

わが君のながれ久しき千歳川なみしづかなる世につかへつつ

津守国冬

みそぎして暮れぬる夏の一夜川あくるも待たず秋風ぞ吹く

大隈言道

ちとせ川岸の柳の蔭しめて誰がすなどれる子ごもりの鯉

斎藤茂吉

筑後川日田ひたよりくだる白き帆も見ゆるおもむきの話をぞ聞く

若山牧水

筑後川川口ひろみ大汐の干潟はるけき春の夕ぐれ

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州34 英彦山2017年06月25日

英彦山

補録

英彦ひこさん

福岡県田川郡と大分県中津市にまたがる山。古くは彦山と書き、また英彦は「えひこ」「えいげん」とも読まれた例がある。修験道の霊場として栄えた。英彦山神宮(彦山権現)を祀る。JR日田彦山線の彦山駅よりバス便があり、また銅の鳥居から英彦山神宮までスロープカーが運行している。

 

神祇歌 作者未詳(玉葉集)

いさぎよき彦の高嶺の池水にすまば心のすまざらめやは

これは、ある人、筑紫の彦の山に籠りて後世の事祈り申しけるついでに、「いさぎよき彦の高嶺の池水にすます心を又はけがさじ」と思ひつづけてまどろみ侍りける夢に告げさせ給ひける御返しとなん

豊前の彦の山にて桜の二十町ばかり峰にも谷にも咲きわたれるを見て

海量法師

み吉野の山ならずして思ひきやかかる桜の花を見むとは

豊国の彦の高嶺の桜花またも見に来む春の知らなく

北原白秋

北の方雲にかくろき山の英彦えいげんならむ尖りる見ゆ

吉井勇

彦山ひこさんの荒山伏のあくびよりこれや湧き来し雲にあらぬか

西田嵐翠

炭坑の煙みなぎる夕空のをちかたにみゆ英彦山の雪

生田蝶介

天狗ども夜をひそひそと築きけむ石段の石はまろまろ太き