<< 2018/08 >>
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

RSS

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州67 鏡の池(八代の池)2018年08月31日

補録

鏡の池(八代の池)

八代市は熊本県中部、球磨川の河口に臨む市。もと細川氏の支藩松井氏の城下町。不知火海(八代海)に面す。「鏡の池」はかつて湿地帯を成していたという八代の沿海部にあった池で、今八代市迎町に鏡の池跡があり、また鏡町の鏡ヶ池公園には小さな池が残存する(もとの鏡の池との関連は不明)。ここでは毎年四月二十七日鮒取り神事が行われている。

 

永久四年百首、池
太皇太后宮肥後(夫木抄)

みさび居ぬ鏡の池に住む鴛鴦をしはみづから影をならべてぞ見る

肥後の国八代にとどまりける日、池を見侍りて

細川幽斎

影も見じ日数をうつす旅衣身をやつしろの池のかがみに

題不知
相良義陽さがらよしひ

水の上に立つ朝霧は曇れども磨け鏡の池の秋風

月の歌の中に
契沖

塵もゐぬ鏡の池のきよければ水なき空にかよふ月かげ

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamatouta.asablo.jp/blog/2018/08/31/8953852/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。