<< 2018/12
01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

RSS

新刊のお知らせ(『まひる野』『寒蟬集』の電子復刻)2018年12月02日

amazonにて窪田空穂の詩歌集『まひる野』、吉野秀雄の歌集『寒蟬集』を発売しました。価格は216円です(税込)。表紙画像をクリックすると、商品説明頁へ移動します。

『まひる野』より
 夏に見る大天地おほあめつちはあをき壺われはこぼれて閃く雫
 よるふかくいづこともなき響して秋しる神の悲しむに似る
 鉦鳴らし信濃の国を行き行かばありしながらの母見るらむか

『寒蟬集』より
 病む妻の足頸あしくびにぎり昼寝する末の子をみれば死なしめがたし
 真命まいのちの極みにへてししむらを敢てゆだねしわぎも子あはれ
 富士の肩の雪の稜角そばかどくきやかにただ一息のすぢを張りたり
 薬師指くすしゆびただ一茎ひとくきのなまめきて匂ふいのちに触れ敢へめやも
 みほとけのみあとはゆたに具足そだらせり冷き石にゑりはるとも

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamatouta.asablo.jp/blog/2018/12/02/9005914/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。