<< 2019/05 >>
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

RSS

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州80 都井岬2019年05月14日

都井岬

補録

都井岬といみさき

宮崎県串間市。県最南端の岬。古くから軍馬の放牧地で、日本在来種と言われる岬馬(御崎馬)がいま半野生化して生息する。蘇鉄の自生地としても知られる。JR九州日南線串間駅よりバス便がある。

 

若山牧水

日向ひうがの国都井とゐの岬の青潮に入りゆくはなに独り海聴く

(注:『海の声』による。『別離』では結語「見る」と改訂。都井岬の歌碑にも「見る」と彫られている。)

土屋文明

花も見ず人間も見ず都井の岬の跡位とゐ浪見むに心いそぐなり

(注:「跡位浪」は万葉集に見える語。高くうねり立つ波。)

二十三首より
安永蕗子

なかなかに惜しき命を運び来て風の岬に尖るうつし身

下り立ちし一投足の淋しきにこの夕草に野の馬も

(注:「投足」は足を投げ出すこと。)