<< 2018/02
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

RSS

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州56 由布岳2018年02月18日

由布岳(おおいた風景写真集より)

補録

由布岳

大分県由布市にある火山。樹氷で知られる。万葉集に「木綿ゆふ山」と見え、和歌では雪の名所とされた。

 

雪に寄す
作者不明(万葉集)

思ひ出づる時はすべなみ豊国の木綿ゆふ山雪の消ぬべく思ほゆ

羈旅作
作者未詳(万葉集)

乙女らがはなりの髪を木綿ゆふの山雲な棚引き家のあたり見む

豊後国由布の岳の雪を見て
橘為仲

神代より多くの年の雪つもり白くも見ゆる由布ゆふたけかな

山の卯の花をよめる
藤原教定

神垣に手向たむけとは知らねども卯の花咲ける由布の山かげ

ゆふの山の絵に
村田春海

万代よろづよに神さびたてる由布の山そら行く雲も麓なりけり

与謝野晶子

われは浴ぶ由布の御岳みたけの高原に銀柳の葉のちりそめし秋

安部俊市

ふりさけてみれば由布ゆふだけ鶴見つるみだけ雲をかづきてならびかかれり

浅利良道

由布山にかかる笠雲今日の日の旅のなごりとおもひつつ見む

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州55 四極山2018年02月17日

高崎山(四極山)

補録

四極しはつ山(高崎山)

大分県大分市の西端、別府市との境にある山。別府湾に面す。野生のニホンザルが生息し、高崎山自然動物園で餌付けがされている。万葉集に詠まれた「四極山」は摂津国住吉辺りの丘陵かと見る説が現在は有力であるが、中世の歌枕書では豊前国の歌枕としており、高崎山に比定されよう。「柴津山」とも書き、古歌では楢の葉の名所とされた。

 

高市連黒人の羈旅歌(万葉集)

四極山しはつやま打ち越え見れば笠縫かさぬひの島こぎかくる棚なし小舟

月前逐涼といふ事を
源俊頼(新続古今集)

しはつ山ならの若葉に漏る月の影さゆるまで夜は更けにけり

正治二年百首歌に
守覚法親王(新続古今集)

しはつ山風吹きすさぶ楢の葉にたえだえ残る日ぐらしの声

久安百首歌に、旅歌
藤原俊成(続後撰集)

しはつ山ならの下葉を折り敷きて今宵はさ寝ん都恋しみ

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』目次2018年02月15日

はじめに
1 東海道線 2 京都附近 3 伊勢方面
4 大和紀伊方面 5 大阪神戸附近 6 山陽線
7 山陰線 8 四国 9 九州 10 中央線
11 信越線 12 北陸線 13 総武線 14 常盤線
15 東北線 16 磐越線、奥羽線 17 北海道及樺太
18 台湾 19 朝鮮及満洲 20 支那及印度 21 欧米及其他

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州54 別府2018年01月10日

川瀬巴水画別府温泉

川瀬巴水画「別府温泉」

別府温泉

別府駅所在地。古来八湯の名あり。〔注:大分県別府市。古くからの温泉地で、『豊後国風土記』に「赤湯の泉」の記事があり、今言う「血の池地獄」のことであろうと言う。JR九州日豊本線の別府駅前から温泉街が広がる。〕

 

米山梅

日のいでをかぶとにふせて四極しはつ山いでゆの町は霧に眠れり

〔注:四極山は高崎山の旧称。兜のような形をしている。次項参照。〕

天ヶ瀬行雄

目もはろにうちひらけ見ゆ別府の海国東くにさきの山はほの霞みつつ

補録

別府に鰐を飼へる湯あり
佐佐木信綱

遠つ国ゆ捕はれ来つるなげきをも知らざるごとしわにの面わの

太田水穂

血の池の地獄のうへにひつたりとかぶさりて秋のさやけき青空

会津八一

いかし ゆ の あふるる なか に もろあし を ゆたけく のべて もの おもひ も なし

〔注:「いかしゆ」は「厳し湯」、大量の湯。〕

九条武子

やはらかき湯気に身を置く我もよしこよひおぼろの月影もよし

柳原白蓮

わたつ海の沖に火燃ゆる火の国に我ありそや思はれ人は

〔注:歌集『幻の華』冒頭歌。宮崎龍介との出逢いの場であった別府赤銅あかがね御殿の跡地に、この歌の碑が建てられている。〕

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州53 国東2018年01月06日

国東市 千住寺跡

旧千燈寺跡(大分県国東市)

補録

国東くにさき

大分県北東部にある半島の名、また特に半島東部の地域を言う。自治体としては豊後高田市・国東市・杵築市・速見郡がある。古寺が多く仏教文化の遺跡に富む。宇佐駅から豊後豊岡駅まで、半島の付け根を横切るようにJR日豊本線が通じている。

 

富貴寺途上
佐佐木信綱

山椿花咲きしだり荘厳しようごんす大きいはほにゑれる此の磨崖仏まがいぶつ

〔注:豊後高田市の富貴寺ふきじへ向かう途上、熊野磨崖仏を見ての詠か。「ゑれる」は「彫ってある」意。〕

富貴寺

春の鳥山のみ寺に声すなり白鳳仏はくほうぶつのましますみ寺

佐藤志満

こえて来し国東半島夕ぐれて海におちいる末端白し

山本保

いにしへの流転るてんたみがいひけらく国のはてなるここは国東くにさき

〔注:国東市の黒津崎夢咲公園にこの歌を彫った碑がある。碑に付した解説によれば、昭和二十三年、安国寺跡に弥生時代の集落遺跡が発見され、取材に訪れた毎日新聞地方記者山本保氏(国東半島出身)が詠んだ由。〕

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州52 宇佐八幡宮2018年01月03日

宇佐神宮

おおいた風景写真集より

宇佐八幡宮

宇佐駅より西南一里七町。軽便鉄道あり。亀山の頂に鎮座す。官幣大社。〔注:大分県宇佐市。八幡宮の総本社。八幡大神(応神天皇)・比売ひめの大神おおかみ宗像むなかた三女神)・神功皇后じんぐうこうごうを祀る。宇佐八幡・宇佐神宮とも。JR日豊本線宇佐駅よりバス便がある。かつては宇佐八幡駅まで大分交通の宇佐参宮線が通じていたが、1965年に廃止された。〕

天ヶ瀬行雄

老木立おいこだちしげれるかげの石だたみ踏みつつ行けば吾もたふと

藤瀬秀子

身をすてて祈りし君の真心を今はた忍ぶ宇佐の御社みやしろ

〔注:「君」は和気清麻呂であろう。勅使として宇佐神宮に派遣され、神託を得て道鏡の即位を阻んだ。なお作者は三井物産常務藤瀬政次郎の夫人で「心の花」同人。〕

補録

宇佐八幡詠(新古今集神祇歌)

西の海立つ白浪のうへにしてなに過ぐすらむ仮のこの世を

この歌は、称徳天皇の御時、和気清麿を宇佐宮にたてまつりたまひける時、託宣し給ひけるとなん

宇佐を
源重之

筑紫つくしへとくやしく何に急ぎけむ数ならぬ身のうさや変はれる

宇佐
慈円

うさの宮わがたつそまのひじりをもはぐくむ袖の末ぞうれしき

正八幡宮を
藤原良経

わたのはら波路へだつる宇佐の宮ふかき誓ひは代々よよに変はらじ

寄神祝
正広

尋ねきてあふげばたかし亀山や神の恵みの万代よろづよのかげ

与謝野晶子

太宰府の大弐だいにの卿の参進をなほ待つ如し宇佐のくれ

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州51 耶馬渓2017年12月06日

耶馬渓やばけい

山国川の渓流十数里にわたる。中津より耶馬渓鉄道あり。(注:大分県中津市。耶馬渓鉄道は昭和五十年に廃線。現在はJP中津駅・豊後森駅よりバス便がある。)

 

米山梅

耶馬やばたに雲分け入ればながめあかず幾その人か筆捨の松

補録

耶馬渓にて
与謝野晶子

石多き山にしあれば楓など女めく木の哀れなるかな

山の石おもしろけれど皆知れるわれの心の形するのみ

豊国とよくにの山あひの雨あはれなる旅の心を白く打つなり

耶馬渓にて
会津八一

あしびき の やまくにがは の かはぎり に しぬぬに ぬれて わが ひとり ねし

よひ に きて あした ながむる むかつ を の こぬれ しづかに しぐれ ふる なり

大熊長次郎

巌腹いははら洞門どうもんを通ふ馬ひとつひなたに出でていななきにけり

(注:「巌腹の洞門」は「青の洞門」とも。耶馬渓の名勝競秀峰の山裾に掘られたトンネル。)

安東玉彦

深耶馬ふかやばの山群れこゆる鳥の羽音はおと夕しぐれ空にひびきわたるも

(注:安東玉彦はもと大分市長。1990年没。)

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州50 対馬2017年11月18日

対馬厳原港

対馬厳原いずはら

補録

対馬つしま

玄界灘にあり、九州と朝鮮半島の中間あたりに位置する島。『魏志』倭人伝には倭国の一国として「対馬国」が記録されている。古くから大陸との交通の要衝であり、万葉集でも遣新羅使の停泊地として名が見える。平成十六年、全島を市域とする対馬市が発足(長崎県に属する)。博多から壱岐経由の船便があり、また博多・長崎から航空便がある。

 

三野連みののむらじ入唐する時に春日蔵首老かすがのくらのおびとおゆの作る歌

よし対馬の渡り海中わたなかぬさ取り向けて早帰り

対馬のは下雲あらなふ可牟かむにたなびく雲を見つつしのはも

対馬島の浅茅の浦に到りて舶泊りする時、順風を得ず、経停すること五箇日なり。ここに、物華を瞻望し、各々慟心を陳べて作る歌

作者未詳

百船ももふねつる対馬の浅茅あさぢ山しぐれの雨にもみたひにけり

(注:「浅茅の浦」は浅茅あそう湾の一部、一説に厳原いずはら港という。)

対馬にくだりてわが国の方ははるかになりて、新羅の国の山の見えければ

津守国基

船出せし博多やいづら対馬にはしらぬ新羅の山ぞ見えける

藤原基綱

漕ぎ出づる対馬のわたり程とほみ跡こそ霞め壱岐ゆきの島松

青柳種信

新羅は夕立すらし百船ももぶねの対馬の根ろゆ雲ゐ立ち来も

海雲
大隈言道

見わたせばさも長々し平戸より対馬の沖にわたす白雲

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州49 壱岐2017年11月13日

壱岐 猿岩

壱岐の猿岩

補録

壱岐いき

玄界灘にある島。長崎県壱岐市。博多・唐津から船便、長崎から航空便がある。中国の史書に記された「一大国」「一支国」に当るかとされる。万葉集には「由吉能之麻(ゆきのしま)」とあり、以後の和歌でも「ゆきの島」「ゆき島」として多く「行き」または「雪」の意を掛ける。

 

壱岐の島に到り雪連宅満ゆきのむらじやかまろ忽ち鬼病に遇ひて死去せる時に作れる歌

六鯖むさば(万葉集)

新羅へか家にか帰る壱岐ゆきの島行かむたどきも思ひかねつも

源実朝

ゆかしくば行きても見ませゆき島のいはほにおふる撫子の花

(注:万葉巻十九に「ゆき島の巌におふるなでしこは…」とある。この「ゆき島」は「雪島」すなわち雪景色の庭園の意であろうが、実朝は「壱岐島」と誤解し、この歌を証歌にして「ゆき島」と「なでしこ」を取り合わせたものと思われる。)

壱岐
楫取魚彦

ゆきの島行きてみよかし天霧あまぎらひ雪と見るまで立てる白浪

斎藤茂吉

はるかなるひと旅路たびぢの果てにして壱岐いきよ さむ曾良そらは死にけり

島山
釈迢空

葛の花 踏みしだかれて、色あたらし。この山道を行きし人あり

(注:『自歌自註』によれば、壱岐島を旅した折の作。壱岐の最高峰丘ノ辻たけのつじの頂に、この歌を刻した歌碑がある。)

林房雄

はたまろき壱岐の小島の秋にしてつらつら椿ゆらら八ツ浦