佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州23 背振山2017年03月26日

背振山

久留米市の筑後川土手から望む脊振山地(Wikipediaより)

補録

背振せぶり

福岡県福岡市早良区と佐賀県神埼市との境の山々。背振山地。脊振山とも。山岳密教の修験場。山頂の脊振神社には弁財天(市杵嶋姫命)を祀る。

 

背振岳を見やりて
青柳種信

神のますせ背振の山にふる雪はがおくぬさのにぎてなるらむ

長塚節

不知火しらぬひの国のさかひにうるはしき背振の山は暖かに見ゆ

中島哀浪

柿もぐと木にのぼりたる日和なりはろばろとして脊振山みゆ

いかり登志雄としお

肥の国も筑紫の国も大海おほわだもをさめて脊振の嶺はれわたる

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州22 沖ノ島2017年03月23日

補録

沖ノ島

瀛津おきつ島とも。玄界灘にある島。福岡県宗像むなかた市。宗像神社の神域として保護される。沖津宮おきつみやが鎮座する。

 

於呂島おろのしまを朝びらきして、はるばると瀛津島おきつしまを見やりて

青柳種信

いさなとり於呂おろの海辺をこぎくれば神の天降あもりし沖つ島見ゆ

『瀛津島防人日記』より

白波の八重折るがうへにあやしくも一本くすしくもいます神かも沖つ御島は

(一首目は『八十浦之玉』より。青柳種信は福岡藩士で国学者。著書に沖ノ島御番中の日記『瀛津島防人日記』ほか多数。通称、勝次)

新刊のお知らせ 大正天皇御製歌集(注釈付)2017年03月21日

アマゾンkindleにて、『大正天皇御製歌集(注釈付)』を発売しましたのでお知らせ申し上げます。

昭和20年宮内省図書寮刊の「大正天皇御製歌集」上下巻(国立国会図書館蔵)を合冊して電子書籍化したものです。

最小限の注釈を付け、読みやすく修訂した本文と、原本を忠実に再現した翻刻と、両方を載せました。お好きな方を選んでお読み下さい。

上をクリックすると商品詳細ページに移動しますので、詳しくはそちらをご覧下さい。

【関連書籍】

新刊のお知らせ 釈迢空全詩集2017年03月19日

アマゾンkindleにて、『釈迢空全詩集』を発売しましたのでお知らせ申し上げます。

すでに刊行した三詩集に、拾遺を加えたものです。

上の画像をクリックすると商品詳細ページに移動しますので、詳しくはそちらをご覧下さい。

楽天koboにても後日発売の予定です。今しばらくお待ち下さい。

【関連書籍】

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州21 玄界灘2017年03月19日

玄界灘 福岡県糸島市

玄界灘(福岡県糸島市)

補録

玄界灘げんかいなだ

玄海、玄海灘とも。福岡・佐賀両県の北に広がる海。東は響灘に続き,西は壱岐水道・対馬海峡によって東シナ海に通じる。北九州と大陸を結ぶ海上交通の要路。冬は荒れることが多いが、大陸棚をなし、対馬海流が流れる、有数の漁場である。

 

眺望の歌とて
藤原家隆

松浦まつら舟けふは幾日いくかの浪の上にまだ目にかかる山の端もなし

(注:「松浦舟」は大陸との間を往来した船。肥前国松浦の港を出航地とする)

遣唐使に送るに擬する歌(長歌略)
村田春海

大王おほきみみことかしこみ荒潮のうづまく海に旅寝すらしも

川田順

玄海洋げんかいなだの冬を働く捕鯨船むかつ島べにかりてくろし

中島哀浪

寄る波の上より蝶はひきかへし海のむかふの山かすむかな

岡井隆

玄海の春のうしほのはぐくみしいろくづを売る声はさすらふ

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州20 芥屋大門2017年03月17日

芥屋大門

芥屋けや大門おおと

博多の西七里、唐津湾の東口にある玄武巌の洞窟にして海に向つて開き凡そ五十間は舟を入るべし(注:福岡県糸島市志摩芥屋)。

 

大隈言道

けやの浦を誰に語らむ巌までのぼりておつる沖のしらなみ

舟よせて見るべくもなく荒びたる芥屋の大門の今日の白波

補録

中島哀浪

青潮をすかして見れば岩柱芥屋の大門をふかくすゑたり

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』目次2017年03月16日

はじめに
1 東海道線 2 京都附近 3 伊勢方面
4 大和紀伊方面 5 大阪神戸附近 6 山陽線
7 山陰線 8 四国 9 九州 10 中央線
11 信越線 12 北陸線 13 総武線 14 常盤線
15 東北線 16 磐越線、奥羽線 17 北海道及樺太
18 台湾 19 朝鮮及満洲 20 支那及印度 21 欧米及其他

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州19 唐泊2017年03月15日

唐泊(福岡宮浦港)

宮浦漁港(提供:福岡市 撮影者:Fumio Hashimoto)

補録

唐泊からとまり

糸島半島の北東部、福岡市西区宮浦に今も唐泊港と呼ばれる港がある。古代、韓人の宿泊所が置かれ、万葉集には「韓亭」とある。JR筑肥線の今宿駅より宮浦までバス便がある。

 

筑前国志麻郡の韓亭からとまりに到りて、ふねはてして三日を経たり。…各心緒おもひを陳べていささか以ちてつくれる歌

作者未詳(万葉集)

韓亭からとまり能許のこの浦波立たぬ日はあれども家に恋ひぬ日はなし

風吹けば沖つ白波かしこみと能許のことまりにあまた宿

旅泊
正徹

すみわぶる身はうつせみのから泊うきたる舟や此の世なるらん

三条西実隆

浪風のうき寝ぞからき唐泊ひとの国にもためしなきまで

名所泊
本居宣長

しきしまの大和にもあらぬ心地していとどうき寝の韓泊かな

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州18 能古島(也良の崎)2017年03月13日

能古島

能古島より玄海灘を望む(提供:福岡市)

補録

能古島のこのしま也良やらの崎)

福岡県福岡市西区。博多湾内の島。北端の也良の崎には防人がおかれ、万葉集に詠まれた。西区の姪浜渡船場より船便がある。

 

筑前国の志賀の白水郎あまの歌

山上憶良(万葉集)

沖つ鳥鴨とふ船の帰り来ば也良やら崎守さきもり早く告げこそ

沖つ鳥鴨とふ船は也良の崎みて漕ぎ来と聞こえ来ぬかも

旅泊
源実朝

やらのさき月影さむし沖つ鳥鴨といふ舟うき寝すらしも