<< 2014/03 >>
01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

日めくりカレンダー

RSS

「うたのわ」に歌人登録2014年03月22日

一月ほど前、「うたのわ」に歌人登録しました。御存知の方も多いと思いますが、「鎌倉のウェブ屋」さんこと村式さんが運営する和歌のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。

村式さんは本社「ふくすけ」を北鎌倉の古民家にかまえるというユニークなITベンチャー企業です。
http://ville.jp/office2

「うたのわ」は登録歌数二〇万首、歌人はざっと勘定してみたところ二三〇〇名近いようです。中には当方の掲示板に投稿下さったお名前も見えて、以前から愛読していたのですが、私自身はなかなか登録に踏み切る気持にはなれませんでした。

和歌を詠む習慣をなくして数年が経ち、何とかしたいと思ううち、気楽に参加できる場として「うたのわ」への登録をやっと決心したという次第。

もとより登録歌人の作風はさまざまで、口語体・文語体・混淆体、現代風・近代風・古典風と、何でもありです。ちょっと意外なのは、文語体を用いた古風な歌が少なくないことで、これは「うたのわ」が「和歌」のコミュニケーションサイトと銘打っていることも関係しているのかも知れません。私の気に入っている一つの理由でもあります。

和歌には師匠なし。
歌は広く見、遠く聞く道にあらず。心より出でて、身づから悟るものなり

藤原定家の歌書にある詞です。

創作意欲を維持・向上させてくれるようなシステムであれば、投稿あるいは発表の場所は、どこでもかまわない。そう思います。

まだ週末くらいしか歌をつくる時間が作れない状態ですが、マイペースで長く続けてゆこうと思います。

コメント

_ 恭子 ― 2014年04月06日 20時52分

はじめまして
水垣さんが運営されている花莚に寄せられる雅なうたに憧れて、毎日のように訪ねていた日々がありました。昨日でしたか、うたのわに置いて頂いている私の過去歌のいくつかに水垣さんの名前を見つけ、とても懐かしく当時を思い出しました。
私もあまりたくさんのうたは詠めませんが、またこちらを訪ねたいと思います。
お邪魔しました。

_ 水垣 ― 2014年04月08日 12時21分

はじめまして。ご投稿ありがとうございます。コメントチェックを数日忘れておりまして、お返事が遅くなってしまい、失礼しました。
「うたのわ」のどなたでしょうか、何となく思い当たるような気もするのですが、詮索はしますまい。
掲示板もご愛顧頂いていたとのこと、恐縮です。いつか再開したいと思いつつ、運営もなかなか重荷に感じられまして、ずっと休ませて頂いております。
今は暇を見つけては「うたのわ」を覗き、お気に入りの歌をコレクションするのを楽しんでおります。勉強にもなります。本当に貴重な場だと思います。
ブログも時々しか書けませんが、たまに訪ねて頂けると幸いです。

_ 水垣 ― 2014年04月08日 12時23分

うっかり気づきませんでしたが、お名前からブログにリンクして頂いていたのですね。ありがとうございます。

_ ういろう ― 2014年04月24日 01時11分

ご無沙汰しています。
花筵、百人一首に唱和しようでお世話になりましたういろうです。

お元気でいらっしゃいますか。

しばらく作歌活動には遠のいておりますが、皆さんと作歌にいそしんだ日々を時々懐かしく思い出しております。
失礼ながら久しぶりにやまとうたに訪れまして、こちらの記事を拝見して「うたのわ」の存在を知りました。
とても興味を引かれたのですが、やまとうたさんに投稿した自作を「うたのわ」の方に再掲してもさしつかえないのでしょうか。

新しく歌作をする余裕はまたしばらくなさそうなのですが、
もし、再掲が許されるのなら、参加することができるかな、と思いまして。やはり歌の仲間と心を共有できるのは嬉しいですね。

_ 水垣 ― 2014年05月11日 12時29分

ういろう様、無沙汰しております。
その節はこちらこそお世話になりました。
コメントチェックを長いこと忘れておりまして、お返事が遅くなりましたこと、お詫び申し上げます。

時々、ブログを拝見しております。お元気でご活躍のご様子、何よりです。新作の実物を拝見する機会がないのが残念ですが…。

私はパソコンで内職しつつ、老母の介護にも追われる毎日ですが、まずまず元気にしております。

「うたのわ」は登録後二か月ほど経ちましたが、おかげでちょっとずつ歌作りの習慣を取り戻しつつあります。初心者に戻って新たなスタートという感じです。

>やまとうたさんに投稿した自作を「うたのわ」の方に再掲してもさしつかえないのでしょうか。

もちろんかまいません。ご自分の作品なのですから、何なりとご自由にどうぞ。
私も時宜にかなう花筵百首題や百人一首唱和の歌を時々投稿しようと思っております(何首かはすでに掲載しました)。

うたのわで見るとまた違った感じで楽しめそうです。ういろう様の新作も楽しみにしております。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamatouta.asablo.jp/blog/2014/03/22/7251026/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。