『新校 拾遺愚草』電子出版について2013年01月22日

岩波文庫版藤原定家家集と冷泉為臣編藤原定家全歌集

定家の家集『拾遺愚草』全巻の本文を手軽に読める書物と言えば岩波文庫の『藤原定家歌集』(佐佐木信綱校訂)があります。というか、これ以外には見あたりません。当時得られる最善本を底本とした、この上なくすぐれたテキストだったのですが、なにしろ出版は昭和6年という昔で、その後改訂されることもありませんでした。何より定家の自筆本を踏まえていないことが致命的で、定家の真意を充全に伝えるテキストとは言えないものです。

定家の自筆本(正編のみ伝存)を翻刻した活字本としては、唯一、冷泉為臣編『藤原定家全歌集』があります(昭和15年、文明社刊。昭和49年、国書刊行会より復刻版刊)。高価ながら古書店で比較的容易に入手できます。しかし残念ながらこれは非常に誤りの多い本です。影印版と読み比べると、ほとんどページを繰る毎に自筆本との不一致が見つかります。

私家集大成や新編国歌大観に収録されているテキストにしても、自筆本を踏まえてはいません。我が国最高の歌人(と私は信じますが)が遺そうとした家集が、その遺志のままに、望ましいかたちで読める、信頼すべき活字本は存在しないのです。草葉の陰で定家も歎いていることでしょう。

私の作成した『新校 拾遺愚草』は、おこがましいことながら、その穴を埋めようとの、一つの試みです。正篇は自筆本の、員外は名古屋大学本(岩波文庫版の底本)の影印に基づいて作成した電子テキストを、他本と照合して校訂したものです。今のところ、公開されている唯一の、自筆本に基づく正篇を収めた『拾遺愚草』全巻(員外含む)の電子テキストになるはずです。

テキストの校了後まもなく日本向けkindleストアが開店となり、少しでも広く読んでもらえたらと、電子書籍にして刊行してみることにしたというわけです。

一つ出来上がってみると、電子書籍作りもそれなりに大変ですがなかなか面白く、電子出版を続けてみたい気持になって、「やまとうたeブックス」という屋号まで付けてしまいました。プロバイダ提供のホームページ容量が一杯になってしまったこともあり、「やまとうた」「波流能由伎」のコンテンツを書籍に移そうかとも考えているところです。

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamatouta.asablo.jp/blog/2013/01/22/6698760/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ monoろぐ - 2013年02月02日 01時06分

 サイト「やまとうた」の水垣久氏が、定家