佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州7 香椎2017年02月21日

和白干潟

和白干潟 福岡市東区(提供:福岡市)

香椎かしい

香椎駅より東南八町に香椎宮あり、熊襲及び三韓征伐の際の行宮の址(注:福岡県福岡市東区北部。遠浅の海であった香椎潟が万葉集に詠まれ歌枕となったが、近代、埋め立てにより消滅した。博多湾に唯一残る干潟である和白わじろ干潟に辛うじてかつての面影を偲ぶことができよう)。

 

冬十一月、太宰の官人等、香椎廟かしひのめうをろがまつへて退まかり帰りし時、馬を香椎の浦にとどめて、おのもおのもおもひを述べて作れる歌

大伴旅人

いざども香椎かしひかたに白たへの袖さへぬれて朝菜つみてむ

小野老

時つ風吹くべくなりぬ香椎潟潮干の浦に玉藻刈りてな

大隈言道

夕されば寒き浪よる香椎がた鴛鴦をし沈鳧たかべもうちまぜて鳴く

補録

宇努男人うののをびと(万葉集)

かへり常にわが見し香椎潟明日あすゆ後には見むよしも無し

隆家卿、大宰帥だざいのそちにふたたびなりて、のちのたび、香椎の御社に参りけるに、神主、事のもとと杉の葉を折りて、帥のかぶりにかざすとてよめる

神主大膳武忠(金葉集)

ちはやぶる香椎の宮の杉の葉をふたたびかざす君ぞわが君

香椎宮の杉をよみ侍りける
よみ人しらず(新古今集)

ちはやぶる香椎の宮のあや杉は神のみそぎにたてるなりけり

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamatouta.asablo.jp/blog/2017/02/21/8370736/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。