佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州1 門司2017年02月07日

門司港

門司

関門海峡の南岸にあり。往古文字の関ありき。本土より行く九州の門戸なり。(注:福岡県北九州市門司区)

 

新開竹雨

どんよりと師走の空のうすぐもり人なだれあがる門司の桟橋

川田順

秋の夜の桟橋通一列のくだもの店の灯の強さかな

毛利碧堂

船の灯も今宵ちらほら物さびし門司の港の五月の闇に

金塚光

門司の海汐さゐさやに聞ゆれど夕なぎ時の風もあらなく

白岩艶子

紫の霞わけこしおほぶねや浮標ブイうちゆらぐ汐早き門司

補録

もじの関すぐるに、関屋に人の見えざりければよめる

源俊頼

ゆき過ぐる心はもじの関屋よりとどめぬさへぞかきみだりける

女のがりつかはしける
藤原顕輔(金葉集)

恋すてふもじの関守いくたびか我は来つらむ心づくしに

藤原忠通

月の影つめる重荷の筑紫舟とどめてをみよもじの関守

藤原家隆

玉づさも都へ行かばことづてむ文字の関路をかへる雁がね

西園寺実氏(新勅撰集)

春秋の雲ゐの雁もとどまらず誰が玉づさのもじの関守

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamatouta.asablo.jp/blog/2017/02/07/8353160/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。