佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州2 企救の長浜2017年02月09日

企救の長浜

企救の長浜(北九州市の門司から小倉にかけての海岸)

補録

企救きくの長浜

豊前国の歌枕。企救の高浜とも。福岡県の企救半島の付け根あたり、北九州市門司区から小倉北区にかけての海岸。「企救」は北九州市とその周辺に相当する旧地名であるが、後世「菊の長浜」と書かれることも多い。

 

浦の沙に寄す
作者未詳(万葉集)

豊国とよくに企救きくの浜辺の真砂土まなごつち真直まなほにしあらば何か嘆かむ

(「真砂土」までは「真直」を導く序。かつ「まなご」に「愛子まなご」の意を掛け、恋人が浮気でなかったら、と願い嘆いた歌。)

問答歌(二首)
作者未詳(万葉集)

豊国の企救の長浜行き暮らし日の暮れゆけばいもをしぞ思ふ

豊国の企救の高浜高々に君待つ夜らはさ夜更けにけり

法印公誉

これよりや天の川瀬につづくらむ星かとみゆる菊の高浜

恋の歌
源実朝

豊国のきくの長浜夢にだにまだ見ぬ人に恋ひやわたらむ

浜雪
冷泉為尹

これのみぞうつろふ色はなからまし雪の花咲くきくの長浜

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamatouta.asablo.jp/blog/2017/02/09/8355998/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。