佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州10 千代の松原2017年02月27日

福岡市東公園の亀山上皇像

東公園の亀山上皇像(photolibraryフリー素材)

千代の松原

箱崎より博多に到る間の線路に傍へり。亀山天皇の御像あり。(注:福岡市東区箱崎から博多区千代あたりのかけての海岸。今も一部松林が残る。亀山上皇は元寇時に院政を執っており、筥崎宮に「敵国降伏」の宸筆を納めた。御像は東公園にある。)

 

石榑千亦

西の海遠見そはなす大君の大御冠おほみかうぶりに白き雲飛ぶ

補録

二十二日、博多なる千代の松原にもどりて、また日ごとに病院にかよふ

長塚節

此のごろは浅蜊々々あさりあさりと呼ぶ声もすずしく朝のうがひせりけり

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamatouta.asablo.jp/blog/2017/02/27/8378314/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。