<< 2017/05 >>
01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

日めくりカレンダー

RSS

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州27 太宰府天満宮2017年05月03日

太宰府天満宮

太宰府天満宮

二日市駅より北東二十五町。明治維新の際には三条公等五卿のこの地に落ちて延寿王院にあり。(注:福岡県太宰府市。当地に左遷され死去した菅原道真の鎮魂のために建立された。もと安楽寺天満宮。明治維新後は太宰府神社と称したが、敗戦後太宰府天満宮に復す。道真を慕って一夜のうちに京から飛来したという伝承をもつ飛梅が現存。現在は西鉄の太宰府駅が最寄り駅。)

三条実美

都思ふ夢の中よりあけそめてこころづくしに春はきにけり

東久世通禧みちとみ

この秋も又旅にしてかざしけり仮居の宿の白菊の花

高桑文子

神づかさ鶴に餌をやる夕暮を白梅かをる太宰府の苑

補録

ながされ侍りける時、家の梅の花を見侍りて

菅原道真(拾遺集)

こち吹かばにほひおこせよ梅の花あるじなしとて春を忘るな

(注:昌泰四年、大宰権帥に左遷され、家を発つ時の歌として伝承される。この梅がのち大宰府に飛来したと伝わる。)

むかし道方卿に具して筑紫にまかりて安楽寺にまゐりて見侍りける梅の、わが任にまゐりて見ければ、木のすがたはおなじさまにて花の老木にてところどころ咲きたるを見てよめる

源経信(金葉集)

神垣に昔わが見し梅の花ともに老木となりにけるかな

(注:長元二年春、父通方は大宰権帥として筑紫に赴任し、十四歳であった経信も同行した。それから六十六年後の嘉保二年七月、経信は父と同じく大宰権帥に任命され、再び筑紫の地を踏む。翌年春、かつて安楽寺で見た梅の花が老木となって咲いているのを見て感慨を催し、詠んだ歌。)

作者不明(新古今集)

なさけなく折る人つらし我が宿のあるじ忘れぬ梅の立枝を

この歌は、建久二年の春の比、筑紫へまかれりける者の、安楽寺の梅を折りて侍りける夜の夢にみえけるとなん

正月五日、安楽寺にまゐりて
藤原光家

かをる枝に春を忘れぬ梅の花ふるさと人をあはれとも見よ

安楽寺にまゐりて
藤原秀能

底までにきよき心は知らねども照らさむ月の影をこそ待て

(注:「海ならずたたへる水の底までにきよき心は月ぞてらさむ」菅原道真、新古今集)

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamatouta.asablo.jp/blog/2017/05/03/8512883/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。