<< 2017/11 >>
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

RSS

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州47 雲仙2017年11月07日

天草より見たる雲仙(川瀬巴水)

川瀬巴水「天草より見たる雲仙」

補録

雲仙

長崎県島原半島にある火山群とその周辺地域の称。普賢岳・国見岳・妙見岳・平成新山などがあり、豊富な温泉に恵まれている。かつては「温泉」と書いて「うんぜん」と読んだ。躑躅の名所。

中島広足

湯浴みして見るもめづらし湯の峰の高嶺を出づる有明の月

斎藤茂吉

温泉うんぜんの山のふもとのしほのたゆることなく吾はたたへむ

雲仙嶽
太田水穂

春雨のおぼろがなかにうす墨のありとはみえて大いなる山

川田順

普賢岳は大き岩やま蒼空に押し上りつつそのとがれり

北原白秋

色ふかくつつじしづるも山の原夏向ふ風の光りつつ来る

(注:「しづる」は「したたり落ちる」意。躑躅の花びらが風にこぼれ散ることをこう言ったか。)

吉井勇

雲仙の地獄のみちの幾曲り無明むみやうの橋もわたりけるかも

林田恒利

草谷の朝霧のなかに馬が飲むたまり泉を吾ものみたり

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamatouta.asablo.jp/blog/2017/11/07/8722587/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。