<< 2019/04 >>
01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

RSS

新元号「令和」2019年04月02日

出典が『万葉集』梅花の宴の序文と聞いて、まさに一陣の薫風をかぐ思いがしました。佐佐木信綱編の岩波文庫では、序文冒頭部、次のような訓み方がされています。

天平二年正月十三日、そちおきないへあつまるは、宴会をぶるなり。時に初春のき月、気く風なごみ、梅は鏡の前の粉をひらき、らには珮の後の香を薫らす。

「初春のき月、気く風なごみ…」の部分、菅長官はたしか「…令月にして…風やわらぎ…」と誦まれていたと思いますが、「令き月…風なごみ…」という訓み方の方がなごやかで良いのではないでしょうか。

同博士の『評釈万葉集』では次のように訳されています。

天平二年正月十三日、帥のおきなの宅に集って宴会を開いた。時は初春のよい月で、気候はよく風はなごやかに、梅はあたかも鏡の前の美女の白粉のごとく麗しく咲き、蘭はまるで佩香(においぶくろ)のうしろにいるような薫香を発しておる。

中国の古典『文選』に影響された措辞であることが指摘されていますが、当時の日本の漢文としては普通のことですし、文脈は異なるので、出典を『万葉集』とすることに全然問題はないと思います。

ここに天をきぬがさにし、地をしきゐにし、膝をちかづさかづきを飛ばす。言を一室のうちに忘れ、えりを煙霞の外に開き、淡然としてみづかほしきままに、快然として自ら足りぬ。若し翰苑にあらずは、何を以ちてか情をべむ。詩に落梅の篇をしるせり。古と今とそれ何ぞ異ならむ。宜しく園の梅をみて聊か短詠を成すべし。

【訳】この庭に、天をきぬがさにとりなし、地を坐席として宴楽し、互に膝を近づけて盃を取りかわす。興に乗じてはいうべき言葉をも忘れ、而して互に胸襟をひらき、外景を眺めてうちとけ、心しずかにとらわれるところなく、快くして自ら満ち足りておる。若し文章によらなかったならば、何を以って情をのべよう。毛詩には「落梅」の篇を載せている。いにしえ今といえど、何の相違があろうか。我々も宜しく園の梅をうとうて、短歌につくるべきである。

大伴旅人主催の梅花の宴は、和歌史上、また日本の文芸史上、画期的な催しでした。それ以前の和歌は、額田王や柿本人麻呂に代表されるように、宮廷の催しの場で、上からの命令で創作されるのが通例だったのですが、旅人や山上憶良(梅花の宴の参席者の一人でした)の時代になって、ようやく文人が自発的に集い、創造の場を形造るようになったのです。日本語の「短詠」という当時まだ新しかった文芸を、東海の一国に樹立しようとの、文人たちの志の大きな結実が梅花の宴三十二首でした。

そうした意味で、「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ、という意味が込められている」との安倍首相の説明には深く頷かれるものがありました。

『古今和歌集(全現代語訳付)』がベストセラーに?2019年04月19日

「万葉特需」が言われていますが、今日、何故かやまとうたeブックスの『古今和歌集(全現代語訳付)』がamazonのベストセラー1位になっていました。と言っても、Kindle電子書籍の「日本文学(名言・箴言)」というあまり売れていそうにないカテゴリの1位です。なぜ歌集がこのカテゴリに入るのか、よくわかりません。たまたま数冊続けて売れたために、瞬間的に1位になっただけのことかと思われ、すぐ急落するでしょうが、記念にプリントスクリーンしておきました。

『万葉集(現代語訳付)』は4月1日、一時Kindle全体の1位にもなっていたそうなのですが、私は見逃してしまいました。unlimitedで無料で読める万葉集はこれだけだったので、「令和」の引用元を一読しようと思われた方が殺到したものと思われます。今はもう平常の売れ行きに戻りました。まさにエイプリルフールの嘘みたいな現象でした。

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州74 美々津2019年04月19日

立磐神社 神武天皇御腰掛岩

立磐神社 神武天皇御腰掛岩

補録

美々津みみつ

宮崎県日向市南部、美々津町とその周辺地域。耳川河口の港を中心に古来栄えた。神武天皇が東征の際ここから出航したとの伝説があるが、記紀には記述がない。美弥津とも。

 

佐佐木信綱

御船なべ船出ましけむ遠つ代の朝の日を思ふ光れる海に

川口の瀬折せをりの浪のゆれかさなりゆるる小舟に美弥みみ川わたる

川田順

いかさまに越えましけめかここにして速吸はやすひ迫門せとは雲居はるけし

(美々津権現崎歌碑)
若山牧水

海よかげれ水平線のくろみより雲よ出で来て海わたれかし

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州75 宮崎神宮2019年04月21日

宮崎神宮

宮崎神宮

花ヶ島駅に近し。いにしへの高千穂宮の址と伝ふ。(注:宮崎県宮崎市。「花ヶ島駅」は今の日豊本線宮崎神宮駅。神武天皇を祀る宮崎神宮へ、駅前から参道が延びる。)

前田利定

青葉若葉五月雨さみだれ煙る朝まだきぬれてたたずむ神のひろ前

倉知常隆

あまつみ神おりまししより斧入れぬ日向の森にしづむ赤き日

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州76 青島2019年04月23日

青島神社

青島神社(「鴨就宮」)神門

補録

青島

宮崎市南部、日南海岸にある島、またその周辺の海浜地域。亜熱帯性の植物群落や、「鬼の洗濯板」と呼ばれる奇観が見られる。

 

(青島亜熱帯植物園内歌碑)
長塚節

とこしへに慰もる人もあらなくに枕に潮のをらぶ夜は憂し

(注:結核を病んでいた長塚節が久保猪之吉の治療を受けるため九州を旅した折の作。「をらぶ」は大声で泣き叫ぶ、ここは潮がうねる響きの激しさを言う。)

斎藤茂吉

南より流れわたれる種子たねひとつわがとほのことしぬばしむ

日向の青島より人へ
若山牧水

檳榔樹びらうじゆ古樹ふるきを想へその葉陰はかげ海見て石に似る男をも

真鍋美恵子

亜熱帯性蘭科植物の群落によどめる夜気は潮のにほひす

佐藤佐太郎

ひさぎゐる貝細工かひざいくにも光ありて海わたり吹く風あたたかし

(注:「ひさぎゐる」、売っている。とくに行商などについて言う。)

新刊のお知らせ『新訂 新古今和歌集』2019年04月27日

新訂新古今和歌集

おそらくこれが平成最後の出版になります。
世はにわかに万葉ブームの観ありですが、私は新古今集の本を何冊か並行して作成していました。その第一弾になります。
新古今集の本は、もう字面を見ただけで陶然とするほどに美しいものです。特に佐佐木信綱の校訂本文は、ひらがなと漢字の配分等にまで気を配っているようで、見た目の美しさと読みやすさのバランスが絶妙な感じです。文庫本では字が小さすぎて私にはもう辛くなっていたのですが、電子書籍ならそんな苦労もありません。高解像度のe-inkディスプレイで読むと、また新鮮な感じがしました。


電子版二つと、紙の文庫版(通常版とワイド版)二つを並べてみました(amazonにリンクしています)。二つ目の響林社文庫さんのは電子テキストでなく、ページを画像として読む形になる電子書籍ですが、タブレットなどでは読みやすいので、私は古い岩波文庫などをこちらで読むことが結構あります。競合相手(?)の私が言うのも変でしょうが、安いので有難いです。

ありがとう平成2019年04月30日

昭和34年(西暦1959年)生まれの私は、昭和の終わりの年(1989年)に30歳となり、平成の終わる今年、60歳となりました。同年生まれの人たちとは、区切りの良さに妙に感心し合っています。

平成はまさに私の壮年期。父の突然の死、子育て、妻の乳癌、母の認知症、介護・看取りと、ひととおりのことは経験した30年ではありました。

仕事の方は、ネットの発達のおかげもあり、自宅で、しかも好きな出版関係で稼げるようになったのは、私にとって幸運でした。最近は電子書籍の売り上げが伸びてきたので、これ一本でやろうと思っています。令和はこの仕事を中心とした生活になるのではないか、できればそうしたい。和歌・謡曲・俳諧・近代短歌といった主要な古典的韻文作品はすべて「やまとうたeブックス」の電子書籍で手軽に読んでもらえるようにしたい、というのが今の目標です(数の少ない謡曲だけは取りあえず完遂しました)。

平成はPCとWWWの普及・発達の時代でもありました。趣味・学習の面でも、やはりネットが大きかった。ウェブサイト『やまとうた』を開設したのは20年前の平成11年、ちょうど40歳の時。これを始めたおかげで、やりたかった勉強が進んだことは確かです。少からぬ人との出会い、楽しい交流があったのもウェブサイトのおかげですし、結果的に、今の仕事にも直結することとなりました。
このブログやサイトを見て来て下さった皆様に、心よりお礼申し上げます。

上の写真は今年15歳になる黒柴の雷電(友人が最近撮ってくれたもの)。毎日一緒に散歩し、遊んで、平成の後半を共に生きてきました。

大災害が多かったとも言われる平成の時代を、その御双肩に担い続けて下さった天皇・皇后両陛下への敬意と感謝の心とともに、平成の最後を見送ろうと思います。