<< 2017/07 >>
01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

RSS

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』九州37 領巾振山(鏡山・松浦山)2017年07月19日

領巾振ひれふり

虹の松原の背後に聳ゆ。鏡山といふ。(注:佐賀県唐津市の山。万葉集等には松浦まつら山とも称す。任那みまなへと出征する大伴狭手彦さでひこを、松浦佐用姫がこの山から領巾ひれを振って見送ったという。平坦な山頂には鏡山神社・佐用姫神社などを祀る。唐津湾・虹ノ松原などの眺望が素晴らしい。JR筑肥線虹ノ松原駅の南一キロほど。)

 

作者不詳(万葉集)

万代よろづよに語り継げとしこのたけ領巾ひれふりけらし松浦佐用媛まつらさよひめ

海原の沖行く船をかへれとか領巾ふれしけむ松浦佐用媛

補録

山上憶良(万葉集)

松浦県まつらがた佐用姫さよひめの子が領巾ひれ振りし山の名のみや聞きつつらむ

三島王、後に松浦佐用媛の歌に追和する歌(万葉集)

音に聞き目にはいまだ見ず佐用姫が領巾振りきとふ君松浦山

川田順

わがぢし領巾振山のいただきは雑草あらくさ枯れて稲荷のほこら

土屋文明

唐津の海領巾振山の空すみて立つ天の川今宵仰がむ

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamatouta.asablo.jp/blog/2017/07/19/8623578/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。