<< 2015/04 >>
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

RSS

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』大阪神戸附近1 淀川2015年04月25日

淀川(新淀川)に架かる長柄橋

写真は淀川と長柄橋。

五 大阪神戸附近

淀川

宇治川、鴨川、大井川などを併せ下りて大阪市に入る。

藤原公衡

狩くらし交野かたのの真柴折敷きて淀の川せの月をみるかな

木下幸文

ふけゆけば月すみわたりわたの辺の大江の岸に秋の風ふく

橘曙覧

鶯も啼きつかれたる声させつ淀川つつみ長々し日は

大隈言道

たび人のいかにのりてか淀船のとまのうへなる数のすが笠

井上文雄

淀河の夜舟のねざめ神さびぬ八幡の神楽とほくきこえて

伊達千広

枚方ひらかたの堤はてなき夕月に船ひく影のたえずもあるかな

税所敦子

ふけぬるか苫の上白く月さえて千鳥なくなりよどの川ふね

補録

淀川

藤原清正

ゆく人もかへるも見ゆる淀川は波の心もいとなかるらむ

九条隆教

さみだれに岸の青柳枝ひちて梢をわくる淀の川舟

村田春海

霜氷る葦の枯葉に風さえて月すさまじき淀の川なみ

与謝野晶子

わが友の照る頬の春よ淀川のみどりあふれて君が門ゆけ

長柄ながらの橋

淀川にかかっていた橋で、その後朽ちて橋柱だけが残っていた。現在、大阪市北区と東淀川区とを結ぶ同名の橋がある。

よみ人知らず

世の中にふりぬる物は津の国の長柄の橋と我となりけり

伊勢

難波なる長柄の橋もつくるなり今は我が身をなににたとへむ

赤染衛門

我ばかり長柄の橋は朽ちにけりなにはのこともふるる悲しな

伊勢大輔

いにしへにふりゆく身こそあはれなれ昔ながらの橋を見るにも

源俊頼

ゆく末を思へばかなし津の国のながらの橋も名はのこりけり

後徳大寺実定

朽ちにける長柄の橋を来てみれば葦の枯葉に秋風ぞ吹く

下冷泉政為

心なほ夕とどろきの橋柱たつ秋風も身にしみて行く

次へ

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamatouta.asablo.jp/blog/2015/04/25/7619023/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。