<< 2015/03 >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』大和紀伊方面4 東大寺2015年03月21日

東大寺大仏殿

三月堂

奈良第一の古建築。

佐佐木信綱

いにしへのおほき匠のたまごもる執金剛しつこんがうを見ればたふとし

二月堂

窪田空穂

踏み踏みてくぼめる石のきだはしを吾もふみゆく二月堂へと

樺山常子

天平のかをりゆかしく袖にしめて秘仏ををがむ春二月堂

東大寺

与謝野晶子

東大寺仁王の門を静かなるうす墨色にぬらす秋雨

大仏殿

東大寺の本堂、五丈三尺の大仏を安置す。

窪田空穂

天平の帝のみ眼にゑがかせる其日おもひつ大き御仏

佐佐木信綱

供養をへて吾が大仏を仰ぎ見し仏師のまみに満ちけむ涙

東花子

旅人の五人いつたりたり春の日は大仏殿のいらかにぞさす

正倉院

大仏殿の北西に接せり。

石松東雄

さく花のさかえし御代を物語るこれのみ倉の尊く嬉しき

補録

三月堂

会津八一

びしやもん の おもき かかと に まろび ふす おに の もだえ も ちとせ へ に けむ

東大寺

会津八一

ひむがし の やまべ を けづり やま を さへ しぬぎて たてし これ の おほてら

大仏殿

会津八一

おほらかに もろて の ゆび を ひらかせて おほきほとけ は あまたらしたり

あまたたび この ひろまへ に めぐり きて たちたる われ ぞ しる や みほとけ