<< 2015/03 >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

RSS

佐佐木信綱編『和歌名所めぐり』京都附近4 洛北(山端~比叡山)2015年03月04日

延暦寺 根本中堂

はな

京都市の北郊、高野川に臨める岬端。

弘田長

山端やはなればなれの村々に霞みて匂ふ紅梅の花

詩仙堂

京都の北郊にあり、石川丈山隠棲の地。

石川丈山

渡らじな蝉の小川の浅くとも老の波そふ影もはづかし

橘曙覧

比叡の山ふもとの里に門とぢて剣を筆にとりぞ換へつる

与謝野尚絅

かきこもる木蔭かすかにともす火のうつりて涼し山のやり

東一雄

竹むらにまじる椿の花おちて門を入るよりなつかしきかな

比叡山

京都の東北に聳ゆ。寺あり延暦寺といふ。京都より登るに白川越、雲母きらら越等の道あり。

伝教大師

阿耨多羅あのくたら三藐さんみやく三菩提さんぼだいの仏たちわがたつ杣に冥加あらせ給へ

香川景樹

青柳の糸の絶間に見ゆるかなまだ解けやらぬ大比叡の雪

朝づく日さしも定めぬ大比叡のきらゝの坂に時雨ふる見ゆ

清水浜臣

夏しらぬかげもありけり大比枝や横川よがはに通ふ杉のしたみち

千種有功

千とせふるひえの杉村わけくれば夏さへ寒しひえの杉村

西田直二郎

峯ちかく鳶の越えゆく雲母きらゝ坂近江はさやに明けにけらしも

山田真吉

靄の上に朝日かゞやく比叡の嶺見のよろしもよ秋の朝けに

川田順

初秋や白川ぐちの露ふみて女もすなる比叡のぼりかな

補録

洛北

与謝野晶子

まちの雨比叡の小雪のゆきかひにみぞれとなりし京の北かな

比叡山

ひえにのぼりてかへりまうできてよめる

紀貫之

山たかみ見つつわが来し桜花風は心にまかすべらなり

曾禰好忠

大比叡やをひえの山も秋くれば遠目もみえず霧のまがきに

慈円

おほけなくうき世の民におほふかなわが立つ杣に墨染の袖

尊円親王

今もなほわが立つ杣の朝がすみ世におほふべき袖かとぞみる

十市遠忠

大比叡やかたぶく月の木の間より海なかばある影をしぞ思ふ

日枝の山なる音羽の滝の花を見て
熊谷直好

咲く花も滝もましろにあらはれて暮れゆく山のおくぞ淋しき

八田知紀

大比叡の峯に夕ゐる白雲のさびしき秋になりにけるかな

与謝野晶子

春の雁比叡の根本中堂に逢へるも知らずみづうみも越ゆ

斎藤茂吉

現在いまのうつつなるこよひはしづかにて杉まの砂に月照りにけり

中村憲吉

日の暮れの雨ふかくなりし比叡寺四方よも結界けつかいに鐘を鳴らさぬ

次へ

コメント

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yamatouta.asablo.jp/blog/2015/03/04/7584019/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。